*

カイジの名言集

公開日: : 最終更新日:2017/07/11 , か~こ, た~と, , アニメの名言 , , , , , ,


カイジの名言集

ギャンブルを題材とした漫画で福本伸行の代表作

オリジナルのギャンブルと緻密な心理描写が特徴的

友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えたカイジが、その借金を返済するために様々な危険なギャンブルに挑んでいく。元々はダメ人間だが、危機が迫った極限の状態に置かれると並外れた度胸と才能を発揮する。

  • おれは勝てたっ…勝てる勝負だった!
    なのに、あの時おれは、あろうことか祈ってしまった…何も考えず神頼み…もう自分以外…頼る者などいないと、骨身に染みて…知っていたはずなのに…!

  • ギャンブルにも、酒にも女にも溺れず、仕事を第一に考え、ゲスな上司にへつらい、取引先にはおべっか、遅れずサボらず、ミスもせず…毎日律儀に、定時に会社へ通い、残業をし、ひどいスケジュールの出張もこなし…時期が来れば単身赴任…夏休みは数日…そんな生活を10年余続けて、気が付けばもう若くない、30台半ば…40…そういう年になって、やっと蓄えられる預金高が…1千…2千万という金なんだ…わかるか…?
    2千万は大金…大金なんだ…!
    世間一般の道…つまり金を薄めて手に入れる場合は、これだけのことをしなければならない

  • 金はな…命より重いんだっ…!
    世間の大人どもが本当のことを言わないなら、オレが言ってやるっ…!
    金は命より重い…!
    そこの認識をごまかす輩は生涯地を這う…!
    あの涙は…一時の感傷…自分たちでただ気持ちよくなっているだけ…映画を見て流す涙と同質…決意なき涙…!

  • おまえらのように、継続した努力ができぬ輩は、本来大金なんて夢のまた夢

  • お前の毎日って今ゴミって感じだろ…?
    無気力で自堕落で非生産、どうしてお前が今そうなのか教えてやる、金を掴んでないからだ…!

  • 息を殺して…顔を伏し…ゆっくりと…しかし確実に…積み上げているっ…!
    偶然じゃないっ…!
    勝つことは偶然じゃないっ…!
    勝つ者は勝つべくして勝っているのだっ…!
    オレは甘えていたっ…!
    まるでなってなかった…勝つ道…勝つ力をまるで築かず…ただ徒に闘い…負けを重ねていた…当然だ…負けて当然…「勝つ」ってことは、もっと具体的な行為の延長線にある…確実な未来…必然…当たり前のことなんだっ…!
    オレは…そういう意識を、まるで持ってなかった…つまり端から…「勝ち」に届いてなかったのだ…!
    届いてなかったっ…!
    この世で本当に欲しい物や席を手に入れようとしたら、結局これはもう金しかない…!

  • ククク…そうでもねえさ…じたばたすることで…開ける…そんな…、活路…逆転…、生還…そう…生還がある…!
    まだ…

  • しかしビギナーはすぐそれを手に入れようとする。
    いやしようとするだけでなく、つかんだような気にさえなったりする。
    掲げたがるのだ。
    すぐ、確信めいたものを。
    無論、そんな確信は付け焼刃。
    しかし、自力でたどり着いたアイディアは、本人にとっては特別でのぉ…大した考えでなくとも大変な閃きに感じられ…何の吟味もなくあっさりそれに沿おうとする…疑い続けること…不安であり続けることが…ギャンブルで生き残るために最も必要な心構えなのに…素人ほどそれをすぐ捨てる、素人はすぐ肚を括る…すぐ「これで負けたらしょうがない」と、口を利く…白黒を付けるタイミングが一つも二つも早い。
    ビギナーは耐えられないのだ、勝つか負けるかわからないという…不安…葛藤…そんな時間が長く続くことに耐えられない、そんな状態よりいっそ…ハッキリさせた方がいいと考える。
    仮に…負けが確定することになろうとも…!
    それが素人の習性だ

  • お前らひょっとして生きてるってことは、心臓や肺が動くことと勘違いしてるんじゃねえのか…?
    だとしたら本当に無駄だからさっさと死ねや、おめえみてえなのは本当にクソの役にもたたねえんだからよ…!
    小利口な口が、しゃらくさいだけの人間…プライドって臭いが鼻に付く生ゴミ野朗ってこと……悪いこと言わねえから、世間の迷惑考えたら死ねや…、船降りたらすぐによ…!
    ん…?
    なんだなんだ…少しはカリカリしてきたか…?
    え…?
    そりゃあよかった、もしかしたらおまえらはもうすっかりびびっちまって、そんな感情欠片も残ってねえのかと思ったぜ…そしてよく考えてみろ…!
    ここまで来たらもう…勝負だろうが…!

  • よっぽどの幸運か…よっぽどの才能…、あるいは労働…幾十年を費やしての労働…この三つのいずれかを注ぎ込まねば現れぬ金…!
    億っ…!
    しかし…、快感は…本当のめくるめく快感は…常軌を逸するからこそ…、辿り着けるっ…!
    オレが蛇に見えたか…?
    そうか…なら…、おまえが蛇なんだっ…!

  • 借金における誠意なんて…、これはもう…誰が考えたって一つしかないのだ…!
    すなわち…内臓を売ろうと強盗をしでかそうと…何をしてもいいから要するに…期日までに金を返すことだ

  • 関係ねえ他人なんか関係ねえんだよ…!
    オレだっ…!
    オレだっ…!
    オレなんだっ…!
    肝心なのはいつも…!
    オレがやると決めてやる…、ただそれだけだっ…!
    ククク…こんな簡単なことに、ここまで追い詰められなきゃ気が付かねえんだから、本当に愚図でどうしようもねえ…!
    でも気が付いた…遅まきながら気が付いたんだ…耳を傾けるべきは他人の御託じゃなくて、自分…オレ自身の声、信じるべきはオレの力…!

  • 今おまえらが成すべきことはただ勝つこと勝つことだ…!
    おまえらは負けてばかりいるから勝つことの本当の意味がわかっていない、勝ったらいいな…ぐらいにしか考えてこなかった、だから今クズとしてここにいる、勝ったらいいな…じゃない…!
    勝たなきゃダメなんだ…!
    ドジャースの野茂将棋の羽生イチロー…彼らが今脚光を浴び誰もが賞賛を惜しまないのは言うまでもなく、ただ彼らが勝ったからなのだ…!
    勘違いするなよく闘ったからじゃない、彼らは勝ったゆえに今その全て人格まで肯定されている、もし彼らが負けていたらどうか…?
    負け続けの人生だったらどうか…?
    これも言うまでもない、おそらく野茂はウスノロ羽生は根暗イチローはいけすかないマイペース野郎、誰も相手にさえしないわかりきったことだ

  • 戦場で後ろから撃たれたと、騒ぎたてる兵士がどこにいる…?
    戦場ではだまし討ち不意打ちが日常…皆、何とか相手の寝首を掻こうと、策を巡らしている…それが真剣勝負というものだっ…!

  • 変でいい…変でなきゃダメだ…狂ってなきゃ…逸脱してなきゃ…悪魔を殺せない…

  • 大詰めで弱い人間は信用できぬ…!
    つまりそれは管理はできても勝負のできぬ男…平常時の仕事は無難にこなしても、緊急時にはクソの役にも立たぬということ…!
    要するに…ピンチは凌げずチャンスは逃す…とても人の上に立つ器ではないわっ…!
    利根川…剥げたな…おまえの化けの皮…!
    二流だ…!
    しょせんおまえは指示待ち人間…!

  • 奇跡なんて望むな…!
    「勝つ」ってことは…そんな神頼みなんかじゃなく…具体的な勝算の彼方にある…現実だ…!
    勝つべくして勝つ…!
    世間はおまえらの母親ではない、おまえらクズの決心をいつまでも待ったりはせん…!

  • クク…素晴らしいっ…!
    命は…命は一つしかないから、大切にせよ…と人は言う…!
    親も教師も牧師も…TVの見識者…果てはミュージシャンまで、あらゆる人間がそう言う…のうっ…!
    ククク…だから…ダメなのだっ!
    命はもっと…粗末に扱うべきなのだっ…!
    命は…生命は…丁寧に扱いすぎると澱み腐る…!
    最近の連中はみんなもうやりすぎ…自分を大切にしすぎた…その結果…機会をつかめず…ズルズル後退しながら…腐っていくのだ…!

  • 自分を救うのは…自分だけっ…!
    実によくわかる。
    君が何を考え、その市民に至ったか。
    それは間違っていない。
    ひょっとすると、このEカードにおける定石のようかもしれぬ。
    しかし残念ながら、その定石という地点が、最も浅はかなのだ。
    ギャンブルでは…!

  • それでいいっ…!
    そんな安っぽい、役に立たない友情でいい…!
    いや…役に立つ友情なんてのが…そもそもおかしい…、そっちの方がよっぽど眉唾だ…!
    求めちゃいけないっ…!
    そんなもの…!
    オレは思いだけでいい…!
    ありがとう…、ありがとうみんな…!

  • 欠けている…こいつもオレも、勝つための何かが、根本的に…!
    一生迷ってろ…!
    そして、失いつづけるんだ、貴重な機会を…!

  • やらなくてどうするっ…!
    勝つために生きなくてどうするっ…!
    あちらの方々はギャンブルなんて、もうとっくに卒業してらっしゃる、あんなものは…貧乏人のすること…!

  • 「明日からがんばろう」という発想からは…どんな芽も吹きはしない…!
    そのことに20歳を越えてまだ…わからんのか…!?

  • 明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだっ…!
    今日をがんばった者…今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!

  • 退くべきところは、退くが兵(つわもの)だ

  • 人は人を救わない…、なぜなら…人は人を救わなくとも、その心が痛まないから…!

  • カイジくんがさんざ考えて辿り着いた地点は…「理」…まだまだ「理屈」の領域にすぎん、それではダメだ…このEカードのような心理戦において「理屈」は…単に共通の土俵でしかない、実はまだ組み合ってさえいないのだ、真に肝要なのはその先、この「理屈」の上に乗って蠢く…互いの感情だ…!
    なのに…カイジくんは「理」で止まり、感情(そちら)へは踏み込んでいかない…これでは勝てぬ…勝てるはずがない…逆に…こちらから見たカイジくんの感情は丸見えだ、楽すぎる勝負…唯一…苦労した点といえば、カイジくんがこちらに期待する反応を、つつがなくしてみせることくらい…悩んでいるフリをすることに…正直一番…骨を折った…ククク…ククククク…

  • 獲るか獲られるか…?
    殴らなきゃ…殴られ…いじめなきゃ…いじめられ…騙さなきゃ騙され…裏切らなきゃ…裏切られる…!
    つまり…やらなきゃやられるんだっ…!

  • 人間程ってのが肝心よそこそこ勝てばそれでよし、それをよせばいいのに大抵の人間は突っ込んじまう、結果欲に振り回されて自滅だ、うんざりさ…そういうバカな連中…「この手はなんの為についている…?
    リスクを恐れ動かないなんていうのは年金と預金が頼りの老人のすることだぜ、年老いた者にとってその手はこれまでの人生で築いた「何か」を守る手、つまり放さないための手だしかし持たざる者若者がそれじゃ話にならない、若者は掴みにいかなきゃダメだっ…!
    でなきゃ…道は開けないっ…!

  • 奇跡なんて望むな!
    「勝つ」ってことは…そんな神頼みなんかじゃなく…具体的な勝算の彼方にある…現実だ…!
    勝つべくして勝つ…!

  • 愚鈍に寝たいだけ寝て、不機嫌に起き出し、半ば眠っているような意識で、日々を繰り返す退屈を、忌み嫌いながら、その根本原因、病理には目をつむり、少し熱心になる瞬間と言ったら、ケチなバクチや、どーでもいい女を追いかけまわす時くらい、なぜそんな面白くもない気分で、この人生の貴重な一日一日を塗りつぶせるかというと、いつもどんな時も現実は奴らにとって、『仮』だからだ。
    おまえたちは負け続けてきたから今誰からも愛されることなく、貧窮し…ウジウジと…人生の底辺を…這って、這って這って、這っているのだ…!
    なぜか…?
    それはおまえらが…ただ負け続けてきたからだ、他に理由は一切ない、おまえらはもう20歳を越えて何年もたつのだからもう気が付かなきゃいけない、もう心に刻まなきゃいけない…!
    勝つことが全てだと…勝たなきゃゴミ…勝たなければ…勝たなければ…勝たなければ…!

  • 博奕は熱くなった時点で8割9割負け

  • 疑ってるうちはまだしも、それを口にしたら…戦争だろうがっ!

  • 悔い…単に悔いと言うにはあまりに重い身が千切れるような悔い、しかし考えてみればこういうことが初めてじゃないことに気が付く、無論これほどの痛手ではないにしろ今までも小さく悔いてきた、進学や就職そういう人生の岐路で、その判断を他人に委ねてきたことを思い出す…これはオレの性癖なのだ…苦しく難しい決断になると投げちまってそれを他人に預ける、自分で決めない、そうやって流され流され生きてきた、その弱さがこの土壇場で出た…この結果は言うなら必然、これまでのオレの人生のツケ…!
    救われない…こんなバカ…救われるわけない

  • 運…勘…人に頼る勝負はやめだ…そういうノータリンな振る舞いはもうやめ…自分の頭で考え…勝つべくして勝つ…

  • しかしどうだ…?
    こんなふうにも想像できるぞ、負けて行きつく先が地獄うんぬんと言うより、今…現在ここがすでに…地獄の釜の底なのだ…前向きのバカならまだ可能性はあるが、後ろ向きのバカは可能性すらゼロ!
    耳を傾けるべきは他人の御託じゃなくて自分…オレ自身の声、信じるべきはオレの力…!

  • いっちゃ悪いが、奴ら正真正銘のクズ…負けたからクズってことじゃなくて、可能性を追わないからクズ…

  • なんの確証もなくよく言うぜなんだ…?
    その「待つ」っていうのは…?
    一体「何」を「いつまで」待つつもりだ…?
    こんな薄汚いアパートで貧しいバイトをして、半ば眠ったような意識で鬱々と「待つ」…?
    冗談だろ…?
    そういうのを無為っていうんだ、そんなことをしても借金の金利が積もるだけの話だろ…クズがっ…!
    目を覚ましてねえのはおまえなんだよ…!

  • おまえのように頭で非情ぶってる奴ほど、実は甘ちゃん…いいカモだ…

  • 目先を追うな!
    いい加減気がつけ!
    耐えることなくして勝利はないんだっ!

  • 勝ちもせず、生きようとすることが、そもそも論外なのだ。
    つまり偽物、こんなもの(現実)が自分の本当のはずがない、奴らはそう思いたいんだ。
    ゆえに30になろうと40になろうと、奴らは言い続ける、自分の人生の本番は、まだ先なんだと…『本当のオレ』を使ってないから、今はこの程度なのだと…そう飽きず言い続け…結局は、老い死ぬ!
    その間際、イヤでも気が付くだろう、今まで生きてきて、すべてが丸ごと『本物』だったことを…!
    しょせんおまえは…羊なのだ…!
    狼のフリをするなっ…!
    王は負ける戦争(いくさ)はせぬのよ

  • いざ勝負に出ると言うとき、その自信を過信したらおしまいだ。
    相手の実力と自分の実力を引き比べ、どうやったら勝てるかと、考えることができない者は、永遠に弱者である…。
    自分が狼だ、と思い込むのはよい。
    だが、その一方で、自分は羊だ、と知っていることも、大切なことなのだ。
    羊でありながら狼のフリをしたとき、羊は必ず死に至る。

  • 考えねばならない…システムを作る者は自らのシステムの隙…アキレス腱について…!
    そして…備えねばならない…!
    不測の事態に…!

  • 人は誰も巨大な運命の変転の前には無力な存在なのだ。
    大手企業の重役でさえ、ひとたび運命の手に翻弄さてた時、転落して行かざるを得ないのである。
    マキャベリは警句を残す、『弱い人間は、好運に恵まれたときは有頂天になる。
    そして、まるで自分個人の力量のためで、あるかのように得意がり、周囲には耐え難い、鼻持ちならない存在になってしまう。
    ところが、運命が変転して、運にかげりが差し始めたとき、途端に落胆して、卑屈な人間に変わり果ててしまうのだ。

  • 甘えを捨てろ。
    お前らの甘え…その最もたるは、今、口々にがなりたてた…その質問だ。
    質問すれば答えが返ってくるのが当たり前か…?
    なぜそんな風に考える…?
    バカがっ!
    とんでもない誤解だっ!
    世間というものは、とどのつまり…肝心なことは何一つ答えたりしない…!

  • 一度割れたグラスは、いくらその破片を集めても、もう元のグラスには戻らない、破片は破片であり、グラスではない、今状況はまるで変わってしまった…なのになぜか人は、一度…こうと決めた戦略を貫こうとしてしまう…それがもう今の状況に合わぬ…欠陥だらけの時代遅れ、ポンコツだと薄々知りながら…しかし放すことができない、狂躁に駆られてしまう、抑えがたく…

  • 否定はできまい…好む好まざるにかかわらず、人は…金を得るために、その時間…人生の多くを、使っている、言い替えれば、自分の存在…命を削っている…!
    存在そのものを「金」に替えているんだ

  • 人は【仮】になど生きていないし、【仮】に死ぬこともできぬ、当然だ…問題は、その当然に気付いているかどうか、真に覚醒しているかどうかだ!
    それが、この世で成功するか否かの別れ道…しかし、奴らはそれを初っ端から勘違いしてるから、能力以前にダメなのだ。

  • 勝負ごとってのはすべからく、冷静に対処していくもんだぜ、それでこそ勝ちに近づける…つまり、それほど運命ってのは残酷ってこと、ここぞという場面で厚く張って、当てりゃあ確かに鮮やかでかっこいいが…ところがどっこい、そうはいかないのがギャンブルだろうが…いい加減学べよ…!
    博奕で負けに負けて、最後に起死回生を狙って厚く張ったコマが、当たった例があるか?
    十中八九スルだろうが…それが通常の流れだ、そん時はもう下り坂なんだからよ…!

  • どんなに入り組もうと、究極のところこう言い切れる。
    人間は二つのうち、どちらかを常に口にしている、、嘘か…実か…ブラフか…真意か…心理戦を制するには、嘘を、騙しを見破る目、ブラフか、真実かを、見極める能力が必要!
    人の言うことは、真実か?
    虚偽か?
    そのどちらかだ!

  • オレが今ここで、こうして立って話しているその力、その力を軽視して、心の拠り所を他に求めることが、つまり弱いってことで、全ての間違いの始まりだった、そのことに今…やっと気が付いたのさ…!

  • 自分の空想と現実を、ごちゃ混ぜにする甘ったれだ。
    いつだって許されると思っている、借金を踏み倒そうと、あるいは極論、人を殺したとしても、自分は悪くない、自分は許される、なぜなら、いま起こったこの事態は、あくまで『仮』で、本当のオレのあずかり知らぬこと…そう考えるからだ。
    嘘じゃない。
    その証拠に、今回これほど明々白々、赤裸々に命懸けの勝負、敗北は死と伝えているのに、連中はそれを自分の都合で勝手にねじ曲げる。
    気が変わればリセットできるくらいの勝負に、自分で作り変えてしまうんだ。
    つまり、真剣でないのだ。
    奴らにとって、この絶体絶命の橋ですら真剣になれぬ戯言。
    言うなら架空の勝負。
    本当ではない。
    だから、電源を切れだの、ギブアップだのと口走る。
    都合が悪くなればおりるのだ。
    根っこが腐っているとしか言いようがない。
    通常奴らは、生涯その「仮」から目覚めない。

  • まだわからねえのかよっ…!
    おまえが今並べ立てたそういう御託こそ、ギャンブルじゃあまるで無意味、話にならねぇお笑いぐさなんだよっ…!
    つまり、そういう信念ガッツが通用するのは、世間一般にあるハードル、仕事やスポーツ試験なんかのことで、ことギャンブルに限り、そういう、懸命にやった者が勝ちに近づくなんていう、その手の思考はまるで通用しねえ…考えてみろ、相手は運否天賦のサイコロの目や気まぐれなカード、そんなものがこっちの気合でどうにかなるとでもいうのかよ、もし本気でそう考えているとしたら、もうそいつは本物のバカ…ズレまくっている、どんなに感情移入したって、負ける時は負けるのがギャンブルだろうが…

  • 心理戦とは、裏のかき合いである。
    相手から情報を引き出し、洞察することが重要だ。
    現在の苦境は結局、お前の人間を見る目の甘さ、他人の嘘を見抜けぬ、鈍感さが招いたと言える。
    全て自業自得なのだ。

  • 考えてもみろ、世間というものはおまえらの命…人生のことなど、まるで知ったことじゃない…興味があるのは、おまえらの金…おまえらからいくら搾り取れるか…それだけだ…!

  • オレはダメだ、つくづくダメ…ここの他の連中のように、うまく取り入ることができない、結果浮き疎まれてしまう、まさに典型的社会不適合者、天の邪鬼、損ばかりだ…この難儀な性格のせいで、オレは行く先々で上から睨まれ、ゴミ出しや窓拭きなど、損な役回りをいつも負わされる、そしてなんというか…始末に悪いのは、オレにはその方が心地良いというか…楽なのだ、他人とぬるぬる係わって、作り笑いするより数段楽、結果毎度繰り返してるいつものパターン、一人「孤立」という沼にズブズブ嵌っていき、気が付けば変人扱い…

  • ギャンブルには必ず運気の流れというものがある。
    負けが混んでいるとき、熱くなってさらに張れば、必ず負ける。
    負けているときは小さく、勝っているときは大きく、それがギャンブルの鉄則だ!

  • 金を送れば、救われる人間が、この世界中に、それこそいくらでも溢れているというのに、オレたちは見てみぬふり…決して金は送らない、結局自分の物欲や快楽に、金を使っている…つまり…とことん…知ったことじゃないんだ、他人がいくら飢えようが…死のうが…苦しもうが…知ったことじゃない…連中はそこんところをはっきり自覚…開き直ってる分、オレたちより正直かもしれぬ…そう…正直かもしれない…!

  • ギブアップ?
    ずれた命乞いだ。
    真剣勝負にそんなものあるか、プロレスじゃあるまいし、バカどもが、まったくこいつら…とことん腐っている。
    わしのように生きるか、死ぬかの、修羅場を潜ってきた人間からすると、奴らの精神は、まるで病人、並の治療では救われぬほど、心性が病んでいる。
    その病気とは、つまり、どんな状態に至ろうと、とことん”真剣になれぬ”、という病だ

  • 99.9%…人は人を救わない…なぜなら人は人を救わなくても…心が痛まない…痛まないからっ…!

  • いいんだよ…他人がどう苦しもうとまったく問題ない…唯一問題なのは自分の幸福だけ!

  • いたずらに時間だけが流れていく…!まるで命そのもののような…血の時間が…

  • いっちゃ悪いが、奴ら正真正銘のクズ…負けたからクズってことじゃなくて可能性を追わないからクズ…

  • おまえのように頭で非情ぶってる奴ほど実は甘ちゃん…いいカモだ…

  • おまえは100%成功しないタイプ…!

  • オレがたとえペテン師嘘つき…あるいは人殺しであろうと 真実は真実…

  • オレはチャンスを自ら閉じているんだ!オレの限界はここ、ここで止まりと他の誰でもない、オレ自身が見限っているんだ…!自分を…その可能性を…

  • ギブアップ…?真剣勝負にそんなものあるか…プロレスじゃあるまいし…バカどもがっ…

  • ギャンブルこそ…国籍・年齢・貧富の差・性別…そういうあらゆる垣根をあっさり乗り越え語り合える…共通の言語なのだっ…

  • ギャンブルを打つ者にとって金は寿命!

  • その定石という地点が最も浅はかなのだ…ギャンブルではっ…

  • できるかどうかじゃない!やるんだっ!勝つために生きなくてどうするっ…!

  • どこかで一発当てるしかない…でなきゃあ…オレたちみたいなプータローは世間に入っていけない!

  • なけなしの金…最後の金ちゅうもんは…その人間にとって…命の灯(ひ)…!生きる希望そのものや…!

  • なめてなどいない…熟知しているだけだ…人間の無力について…!

  • ピンチだけど…チャンスッ…

  • やつらの精神はまるで病人…どんな事態にいたろうと…真剣になれぬという病だ…

  • よく戦ったからじゃない…彼らは勝った、ゆえに今、そのすべて…人格まで肯定されている…!

  • 一生迷ってろ…!そして失い続けるんだ…貴重な機会(チャンス)をっ!

  • 一体「何」を「いつまで」待つつもりだ…?こんな薄汚いアパートで…貧しいバイトをして…半ば眠ったような意識で鬱々と「待つ」…?そういうのを無為っていうんだっ…!

  • 殴らなきゃ殴られいじめなきゃいじめられ騙さなきゃ騙され裏切らなきゃ裏切られる、つまり…やらなきゃやられるんだっ…

  • 快感は…本当のめくるめく快感は…常軌を逸するからこそ…辿り着けるっ…

  • 奇跡なんて望むな!「勝つ」ってことは…そんな神頼みなんかじゃなく…具体的な勝算の彼方にある…現実だ…!勝つべくして勝つ…!

  • 希望は…夢は…人間とは別の何か…他のところにあるような気がしてたけど…そうじゃない…!人間がつまり…希望そのものだったんだ…

  • 気にすることはない…緊急事態となったら人を殺すことだって許される

  • 疑ってるうちはまだしもそれを口にしたら…戦争だろうがっ!

  • 泣き言で人生が開けるか…!語ってどうする…?いくら語っても状況は何も変わらない…!

  • 居丈高になるのは決定してから…過程においては徹頭徹尾、頭を垂れ、服従を装った方が利口…こんなことは…世渡りの基本も基本…大原則だっ…

  • 強運なんかじゃ…なくていいっ…!奇跡もいらないっ…!平運っ…!起こってくれよっ…!オレにごく普通の現象…確率…!

  • 胸を張れっ!手痛く負けた時こそ…胸をっ…!

  • 金は命より重い…!そこの認識をごまかす輩は生涯地を這う…!

  • 苦しく難しい決断になると、自分で決めない…そうやって流され流され生きてきた…その弱さがこの土壇場で出た…この結果は言うならば必然…これまでのオレの人生のツケ…!

  • 結婚なんか誰がするか…!食わしてくざんすよ…!結婚したら生涯…!いずれ必ず…飽きる女を…!しかも年々…相手の態度はでかくなるという…オマケつきざんす…!アホくさっ…!わけのわからぬ制度ざんすよ あれは…

  • 考えねばならない…システムを作る者は自らのシステムの隙…アキレス腱について…!そして…備えねばならない…!不測の事態に…!

  • 借金における誠意なんて、これはもう誰が考えたって一つしかないのだ…内臓を売ろうと、強盗をしでかそうと…何をしてもいいから、要するに…期限までに金を返すことだっ…!

  • 若者は掴みにいかなきゃダメだ…!

  • 勝ちもせず生きようとすることがそもそも論外なのだ!

  • 勝つことは偶然じゃないっ…!勝つ者は勝つべくして勝っているのだっ…!

  • 信じたいっ…!直観を信じたいっ…!直観は…オレの血肉…オレの…歴史…!

  • 神よ…オレを祝福しろっ…!

  • 人間、感傷は一時…決断は実利に流されるっ…!

  • 人間「程」ってのが肝心でよ…そこそこ勝てばそれでよし…それをよこせばいいのにたいていの人間は突っ込んじまう…結果、欲に振り回されて自滅だ…!

  • 世間はお前らの母親ではないっ…!おまえらクズの決心をいつまでも待ったりはせん

  • 折れた足をいじられると彼は痛いが…わしは痛まない…!カイジくんも痛くはなかろう

  • 前向きのバカならまだ可能性はあるが…後ろ向きのバカは可能性すらゼロ…!

  • 他人なんか関係ねえんだよ…!オレだっ…!オレだっ…!オレなんだっ…!肝心なのはいつも…!オレがやると決めてやる…ただそれだけだっ…!

  • 退くべきところは退くが兵(つわもの)だ…!

  • 大詰めで弱い人間は信用できぬ…!つまりそれは管理はできても勝負のできぬ男…平常時の仕事は無難にこなしても緊急時にはクソの役にも立たぬということだ!

  • 大人は質問に答えたりしない それが基本だ

  • 誰かが泣かなきゃならないのが博奕っ…!

  • 恥を知れっ……!悪党なら最後まで悪党でいろよっ…!

  • 当然さ…仕方ないんだ。だって…ないんだもんな証拠が…!なら黙るしかない…それが…真剣勝負ってもんだろ…!

  • 堂々といけっ…!やばい時ほど堂々と…

  • 燃え・・・・闘うことも大事だがそれと同等に引き際を見極めることも大事・・・・

  • 敗者は失うっ…!それをねじ曲げたら…なにがなにやらわからない…受け入れるべきだっ…!負けを受け入れることが…敗者の誇り…オレは…負けをぼかさないっ…!

  • 剥げたな…お前の化けの皮…二流だ…しょせんお前は指示待ち人間…!

  • 博奕は熱くなった時点で8割9割負け…お前は今その状態にある…その流れがなぜ見えない…?

  • 変でいい、変でなきゃダメだ…狂ってなきゃ、逸脱してなきゃ悪魔は殺せない…!常軌を逸してこそ開かれる、勝ちへの道が…!

  • 命はもっと粗末に扱うべきなのだ…!命は、生命は…丁寧に扱いすぎると澱み腐る

  • 目の前の人間を救いたいという欲求…そんな魂の…神側の声もある…だが、その声はあまりにもか細く小さいので通常はごくあっさり…消し飛ぶっ!

  • 勇気を出せ…!二度三度なんていわねぇ…ここ一度だけ…勇気を…生き残るための勇気…

  • 友情や口約束でもらえるものは旅先からの絵ハガキや土産…あるいは思い出の品というガラクタ…そんな程度のものだ…

  • 来たぁ~っ…!千載一遇…!空前絶後…!超絶奇絶…!奇蹟っ…!神懸かり的…チャンスッ…

  • 落とさなきゃ落とされる…この仕組みは…この世の姿そのもの…基本も基本…大原則だっ…!

  • 理が人を救うこともある。たとえそれがどんなにか細い理でも今、目の前の状況に押し潰されそうな者には救い、勇気を振り起こす切っ掛けとなる。

  • 驕るさっ…優秀だから…!ここまでクズを寄せ付けず勝ち続けてきたんだから…!






関連記事

高田純次

高田純次 の名言

高田 純次(たかだ じゅんじ、1947年1月21日 - )は、日本のタレント、俳優東京都調布市国領出

記事を読む

愛

何処かで切なく呟かれた恋愛の名言

何処かで切なく呟かれた「片思いや、恋心」の名言や言葉を集めてみました。  「元気?」とか「

記事を読む

ドナルド・トランプ DonaldTrumpの名言と迷言集 まとめ

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump) ドナルド・ジョン・トランプはアメ

記事を読む

進撃の巨人

進撃の巨人の名言

諫山創(いさやま はじめ)による漫画作品進撃の巨人(しんげきのきょじん/attack on tita

記事を読む

Lady Gaga

レディー・ガガ(Lady Gaga)の名言集

レディー・ガガ (Lady Gaga)本名ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ

記事を読む

クマのプーさん

クマのプーさんの名言

『クマのプーさん』(英: Winnie-the-Pooh)は、1926年に発表されたA・A・ミルンの

記事を読む

土光 敏夫

土光 敏夫の名言集

どこう としお、男性、明治29年(1896年)9月15日 ~ 昭和63年(1988年)8月4日

記事を読む

上島竜兵

上島竜兵の名言

日本のお笑い芸人 兵庫県出身。役者を目指し青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍。養成

記事を読む

結婚

結婚の酷い名言(迷言)集

世界にある、結婚に関する酷い名言や迷言を集めてみました。 「人生最良の時は結婚式の日だった

記事を読む

golgo13

ゴルゴ13(デューク・東郷)の名言集

ゴルゴ13は、さいとう・たかをによる日本の漫画作品 本名:不明。ゴルゴ13(GOLGO13)、

記事を読む





Message

Barack Obama
オバマ大統領の名言 演説

バラク・オバマとは? アメリカ合衆国の政治家。民主党所属。上院議

hillary-rodham-clinton
ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)の名言と迷言集 まとめ

ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clin

ドナルド・トランプ DonaldTrumpの名言と迷言集 まとめ

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump) ド

%e9%81%93%e5%a0%b4%e5%85%ad%e4%b8%89%e9%83%8e
道場六三郎の名言

料理の鉄人 日本の和食料理人 道場六三郎(みちば ろくさぶろう)

吉田沙保里
霊長類最強 吉田沙保里の名言

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年10月5日)は、日本のレスリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑

ブログパーツアクセスランキング