元東京都知事 舛添要一 名言 迷言

2016/08/08


舛添要一

夢と希望に溢れる国づくりの第一歩は、政治改革である。カネがらみのあらゆる癒着を断ち切る
これなくして、日本が夢と希望を持てる国に生まれ変わることはありえない

舛添 要一(ますぞえ よういち、1948年〈昭和23年〉11月29日 ‐ )は、日本の国際政治学者、政治家である。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員。
参議院議員(2期)、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣(第8・9・10代)、新党改革代表(第2代)、東京都知事(第19代)などを歴任した。
wiki

舛添 要一の名言 迷言

  • 24時間、都民のために働いている
  • 湯河原の風呂は足を伸ばせる
  • カネがらみのあらゆる癒着を断ち切る
  • 年金泥棒は一人残らず牢屋に入れてみせる!
  • (国民の)1400兆(国の金融資産)のうちの半分の700兆は、ジジイババアが持ってんだよ
  • 消費税上げたら年寄りからも取れるんだよ
  • 公用車は『動く知事室』。移動中もしょっちゅう電話のやりとりをしている。運転手には守秘義務もあり、セキュリティーも確保されている。これはタクシーではできない
  • 女は政治家に向かない、女は生理のときはノーマルじゃない。異常です。そんなときに国政の重要な決定、戦争をやるかどうかなんてことを判断されてはたまらない。体力の差ということでいえば、政治家は24時間、いつ重要な決断を下さなければいけないかわからない。そのとき、月1回とはいえ、たまたま生理じゃ困るわけです
  • 都民から理解を得られると思っているのか?都民って誰なんですか?1350万人いるんですよ。どんな政策をやったって批判あります。私に対して9割の支持者がいて、1割反対でも135万人ですよ
  • 精査します
  • 死んでも死にきれない

東京を変える、日本が変わる
東京を変える、日本が変わる

4万円からクルーザー貸切 2人デートコース

クルージング 大阪

-, ま~も, 芸能, 迷言集
-, , , , , , , , ,