ヘンリー・フォードの名言集

2014/04/04


ヘンリー・フォード

ヘンリー・フォード(Henry Ford, 1863年7月30日 - 1947年4月7日)

アメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者

工業製品の製造における大量生産の方式を開発し、自動車が大衆に普及させるのに多大な貢献をなした。

メルセデス・ベンツ カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はフォード・モーター ヘンリー・フォードとなる。
フォード・モデルT T型フォードは、世界で累計1500万台以上も生産された。
この生産台数を可能にしたのは流れ作業による大量生産技術であり、これにより、販売価格を低く抑えながらも販売数量を拡大することにより企業利益を確保するという考え方を実現できるシステムを構築した。
この大量生産方式は他の工業生産にも応用され、20世紀の工業社会を可能にした。

  • 奉仕を主とする事業は栄え、利益を主とする事業は衰える。
  • あなたが「できる」と思おうと「できない」と思おうとどちらも正しい。
  • 事実がたとえわかっていなくとも、とにかく前進することだ。前進し、行動している間に、事実はわかってくるものだ。
  • 失敗とは、よりよい方法で再挑戦するよい機会である。
  • 現状のままで化石のように固まっていいのなら、怠け心に調子を合わせていれば事足りる。だが、成長することが成功だとしたら、毎朝、心新たに目覚め、終日しっかりと目を見開いていなければならない。
  • 何ごとも、小さい仕事に分けてみれば、それをやり遂げるのが、特別に難しいということはない。
  • 利益しか生まないビジネスは虚しいビジネスである。
  • 20歳だろうが80歳だろうが、とにかく学ぶことをやめてしまったものは老人である。学び続ける者は、みな若い。人生において一番大切なことは、頭を若く保つことだ。
  • 成功に秘訣があるとすれば、他人の立場から物事を見ることのできる能力である。
  • 自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。
  • 奉仕を主とする事業は栄え、利益を主とする事業は衰える。
  • あなたが「できる」と思おうと「できない」と思おうとどちらも正しい。
  • 事実がたとえわかっていなくとも、とにかく前進することだ。前進し、行動している間に、事実はわかってくるものだ。
  • 失敗とは、よりよい方法で再挑戦するよい機会である。
  • 現状のままで化石のように固まっていいのなら、怠け心に調子を合わせていれば事足りる。だが、成長することが成功だとしたら、毎朝、心新たに目覚め、終日しっかりと目を見開いていなければならない。
  • 何ごとも、小さい仕事に分けてみれば、それをやり遂げるのが、特別に難しいということはない。
  • 利益しか生まないビジネスは虚しいビジネスである。
  • 20歳だろうが80歳だろうが、とにかく学ぶことをやめてしまったものは老人である。学び続ける者は、みな若い。人生において一番大切なことは、頭を若く保つことだ。
  • 成功に秘訣があるとすれば、他人の立場から物事を見ることのできる能力である。
  • 自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。
  • 将来を恐れるものは失敗を恐れておのれの活動を制限する。しかし、失敗は成長に続く唯一の機会である。まじめな失敗は、なんら恥ではない。失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住む。
  • もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせるだけだ。
  • 家庭を快適に保てないで、天下を治めることはできない。
  • 見返りを期待しなくなったとき、倍の報酬がやってくる。
  • 考えれば考えるほど、多くの時間が手に入る。
  • 不潔な工場に善良な職工なし。
  • 他人が成功するのを助ける者が、理想主義者だ。
  • ビジネスは、ニワトリが地面をつついて餌を得るように、欲しいもののために一定の努力をしなければならない時が一番健全だ。
  • 成功の秘訣は、何よりもまず、準備すること。
  • たいていの者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。
  • だれでも想像したことはできるのだ。
  • 本能は、後年のために蓄積された過去の経験と知識の本質であろう。
  • どんな企業でも、お金を必要とするときが危険なのではなく、成功して楽に資金が調達できるようになったときこそ、危険なのである。
  • あら探しをするな、救済策を探せ。
  • 何が可能で、何が不可能か、はっきり言い切れる人はいない。
  • 財産は来るものであり、作るものではない。
  • 資本の真の使い方は、お金を増やすことではない。お金を増やして、生活を向上することだ。
  • 新しい生命の誕生は、何かこれまでと違った新しいものの誕生である。これと完全に同じものはかつて存在しなかったし、今後も決して存在しない。
  • 目標から目を離したときに障害は恐ろしいものとなって目に映る。


4万円からクルーザー貸切 2人デートコース

クルージング 大阪

-は~ほ,
-, ,