*

二宮 尊徳 の名言集

公開日: : 最終更新日:2014/03/23 な~の, , , ,


二宮 尊徳

にのみや そんとく、天明7年7月23日(1787年9月4日)安政3年10月20日(1856年11月17日)

日本の江戸時代後期に「報徳思想」を唱えて、「報徳仕法」と呼ばれる農村復興政策を指導した農政家・思想家。通称は金次郎(正しい表記は「金治郎」)。諱の「尊徳」は正確には「たかのり」と訓む

相模国足柄上郡栢山村(現在の神奈川県小田原市栢山(かやま))に百姓利右衛門の長男として生まれる。当時の栢山村は小田原藩領であった。14歳で父利右衛門が死去、2年後には母よしも亡くなり、尊徳は伯父二宮万兵衛の家に預けられた。伯父の家で農業に励むかたわら、荒地を復興させ、また僅かに残った田畑を小作に出すなどして収入の増加を図り、20歳で生家の再興に成功する。この頃までに、身長が6尺(約180センチ強クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(2009年1月26日、テレビ朝日)では182cmあったと紹介された。)を超えていたという伝承もある。



  • 自分にキズが多いのに、上に立つ人を悪く言うのは、大きな間違いである。内に誠があって、外に誠が現れない道理はない。この道理をよく考えて、自分にキズが無いように心がけなさい。

  • 禍福も、善悪も、得失も皆一体のものである。 一つのものの半分を善とすれば、残り半分が必ず悪となるのである。しかし、人は、残りの半分も悪ではないことを望む。元々無理な望みなのである。禍福、善悪、得失は元来一つのものである。

  • 貧者は、昨日のために今日働き、昨年のために今年働く。そのために、いつも苦しんでいて、働きの効果が出ない。 富者は明日のために今日働き、来年の為に今年働くことから、余裕をもって望むことができ、することがほとんど上手くいく。

  • 人と生まれ出た以上必ず死ぬと覚悟すれば、1日生き延びれば1日得したと考え、1年生きれば1年の得ということだ。 本来人間として、わが身も無く、我が家も無いものと覚悟すると、その後は、この世のあらゆることが、全て儲けである。

  • ケチのための倹約を勧めているのではない。 倹約を勧めているのは、異変に備えるためである。 また、蓄財を勧めているのではなく、世の中を救い、世の中の人々の心を豊かにするために、そう勧めているのである。これがケチと倹約の違いである。

  • 身を捨てて ここを先途と 勤むれば 月日の数も 知らで年経ん

  • 譲りの道を実行する者は、豊かになり評判も高くなる。これを実行できない者は反対に富を失い、評判を落とすことになる。少なく譲れば少なく帰り、大きく譲れば大きく帰る。他の人に対して、歩く道も譲らなければならない。 言葉も手柄さえも譲らなければならない。

  • しっかり心を固めて、不動明王のように、たとえ背中を強火が焼こうとも、微塵も動くまいと覚悟するならば、成功は袋の中の物を探し出すよりも易しい。

  • 私の仕事の本質は、人々の心の田の荒廃を直していくことである。その地で、一人でも心の田を開くことが出来れば、あと何万町歩の田があろうとも、恐れるに足りない。

  • 鳥獣は譲るということを知らない。人はそうではなく、今日のものを明日に譲り、子孫に譲り、他人に譲るという道がある。

  • 自分を戒め、自分の身が修まり、家庭がきちんとしたならば、それは、自分の意見を自分の心が聞いたということだ。その時になれば、あなたの言うことを聞く人もあろう。自分の心で自分の心を戒めることができなければ、決して人に意見をしてはならない。

  • いかに善を思っても、行いによって善を表さなければ、善人とは言えない。それは、悪い事を考えていると言っても、実際に悪事をしなければ悪人といえないのと同じである。 従って私はどんな小さなことでも、実際に善を行う事を尊ぶ。善心が起きたら、すぐに実行するのが良い。

  • 遠い将来にも目を向けて、良く考えて行動する人は豊かになり、目前のことだけしか考えずに行動する人は、貧しさから抜け出せない。

  • 世の中には、人がまだ捨ててはいないが、活用していないものが多い。これらをよく拾い集めて、国家を再興する資本とすれば、多くの人を助け、まだ余りが出る。これが私が小さい頃から行ってきた道である。

  • 肥取り船に水を汲み入れて、肥しを増やしているのが見えた。このような汚物すら、増やせば利益が上がる世の中である。万物が不浄を極めれば、必ず正常に帰り、清浄極まれば、不浄に帰る。それは天の理である。このように世の中に無用のものなどないのだ。

  • 商売をするときは、金を儲けようなどと考えずに、ひたすら商道の本意を勤めなさい。よく商人の本意を守って努力すれば財は求めなくても集まり、豊かになることは計り知れない。

  • 人は皆長所があり、短所があるのは仕方がない。だから人の長所を友として、短所を友としてはいけない。その人の短所を捨てて、その人の長所を友とするがよい。

  • 天理・天道とは、日々変わらずに永遠に続く天然自然の定理である。 一方、人道は日夜努力し人力を尽くして、保護をしてようやく保たれる。美食・美服を抑え節約し余裕を生じさせて他人に譲り、将来に譲る。これを人道という。

  • 両方が得をして、両方が喜べるような間柄を作ることに、知恵を働かせるのがよい。

  • 大事をしたいときには、小事を怠りなく勤めよ。小が積もって、大となるからである。大を望んで、小を忘れていては、大を得ることはできない。大は、小の積み重ねであるので、小事に勤めれば、必ず大事を成すことができる。

  • 恩には報いていかなければならないという道理をわきまえることができれば、この世の中のこと全てについては、何の迷いも無く進められる。

  • 世の中の人は、聖人は皆無欲な人であると思っているが、そうではない。 その実は、大欲張りであるが、但しその「大」は、「正大」という「大」である。

  • わが法は、人のきらうものを引き受けて、人の好むところのものを与える。すなわち借金を変して無借とし、荒地を変じて良田とし、衰貧を変じて富裕とするのがわが道の効用の極致である。

  • 私が倹約を尊ぶのは、その後に活用することがあるからである。住居を簡素にし、服や食を粗末にするのは、資本を作り、国を富ませ、万人を救済するためである。目的があるのが倹約である。

  • 愚人でも悪人でもよく教えるが良い。きかないからと言って捨てることなく何度でも教えるが良い。教えてもその通りにしないといって憤慨してはいけない。

  • ただ我を取り除いて、無心になるだけでは足りない。無心になって、その上で次になすべき事の一心を固めて決定し、どのようなことがあろうとも、少しも心を動かされない状態に至ってはじめて尊いといえる。

  • この仮の身を、わが身とは思わずに、生涯一途に世のため、人のためをのみを想いながら、国のため、天下のために貢献できることだけに励み、一人でも、一家でも、一村でも貧乏から抜け出て裕福になることを想い勤め、怠らないようにしているのである。これが私の覚悟である。

  • 私の本願は、人々の心の田の荒廃を開拓していくことである。天から授けられた善の種である仁義礼智を栽培し、善の種を収穫して、各地に蒔き返して、日本全体にその善の種を蒔き広めることである。

  • 恩を受けてもそれに報いていないことが多いのではないか。徳に報いる事は、全ての行ないの最高位にあり、全ての善行の最初に位置するものと言うべきものである。よくその根源を追求して見極めて見るがよい。

  • 世間の人はとかく小さいことを嫌がって大きなことをしたがるが、本来大は小が積もったものである。だから小を積んで大を成すより他に方法がないのだ。

  • 早起きに まさる勤めぞ なかるべし 夢でこの世を 暮らしゆく身は

  • 尊い人の道も書物に書いた時は、世の中を潤すことはなく、世の中の役に立つこともない。それは、水が凍ったようなものである。この氷となった書物は、胸中の熱を使って元の水に戻さなければ役に立たない。書物を理解して実行する力を尊ぶのである。

  • 祖先の恩をありがたく心得て学問をし、近郷村々の人々を教え導き、国の恩に報いるために修行に出るのであれば、誠によろしいと言えるが、そうではなく、難しい文字などを学んで、ただ世の中に誇りたいと思ってのことならば、大いに間違っている。

  • 受けた恩に報いていこうと考えて行動していけば、この世は何事もうまくいくのである。全ての恩を受けたことを考えてよく報いるときには、何事も欲する通り思い通りになる。

  • あめつちと 君と父母との 三つの恩 忘るる時ぞ 身はせまりけり

  • 衣服は寒さをしのぎ、食物は飢えを凌ぐことができれば十分なものであり、その他は無用のものである。

  • 下方向や楽な方に比較をしてものを言う者は怠け者である。まだこんな時間か、まだ仕事や勉強ができると、上方向や困難な方に比較をしてものを言う者は勉強家、働き者である。一言を聞いても人の勤勉・怠惰は分かるものだ。

  • 海辺に生まれた者が山林をうらやみ、山に住む者が海辺の漁業をうらやむことなど、最も愚かなことだ。海には海の利益や恩恵が、山には山の利益がある。他をうらやまずに、天命を守っていくことが大事である。

  • 人道は勤めるのを尊しとし自然に任せるのを尊ばない。勤めるということは私欲に克つということである。

  • 今日、このように国家の繁栄が盛大なのは、全て前の時代の聖賢君子の残した賜物であり、前の時代の人の骨折りによるものである。 君達も、骨を折れ、そして勉強せよ。

  • 湯船のお湯をかき寄せれば、自分のほうに引き寄せられるが、その後にお湯は向こうに流れていってしまう。 反対にお湯を押し出せば、自分の前から流れて行くが、少し後にはお湯が自分の方に戻ってくる。少し押せば少し返り、大きく押せば大きく返る。奪うに益はなく、譲に益がある。

  • 裕福な者は、十分ということを知らないことが多い。湯船の中に立ち、湯船が浅く膝にも満たないと、不満を言うのと同じである。これは湯船が浅いのではなく、自分が身を屈めないだけである。これを知って屈めば、湯はたちまち肩に達し、十分になる。他に何も求めるものはない。

  • どれほど裕福であっても、家憲を節約倹約と定めて、贅沢に流れる事を厳しく禁止すべきである。なぜならば、贅沢を望む心が、自己の利益を貪る気持ちを増長させ、慈善の気持ちを薄くさせ、欲が深くなり、けちになり、少しずつ仕事にも不正が入り込み災いを呼び込むからである。

  • 親の養育を受けたことに報いるために子供を養育し、先生から教えを受けたことに報いるために子弟を教え、人の世話を受けたことに報いるために人の世話をする。これが人道である。

  • 昔の木の実が今の大木になり、今の木の実が後世の大木になることを、良く理解して、大きいことを羨ましがらず、小さいことでも辱かしがらずに、速効性だけを求めず、日夜怠らずに少しずつでも、継続して行動することが肝心である。

  • この世に、過ちを犯さない人はいない。ただし、過ちだったと知れば、自らを反省するとともに、速やかに改める努力をする。これが人の道である。

  • 善因には、善果が有り、悪因には、悪果を結ぶことは、世間一般の人が皆良く知っていることであるが、今日蒔く種の結果は、すぐには芽を出さず、結果もすぐには現れない。しかし、この世のことは、全てその原因があって結果がある。

  • 世の人が、生きているときは人で、死んでから仏となるというのは間違っている。生きている時から仏であるから死んで仏になるのである。

  • 因果にも応報にも早い遅いがあることを忘れてはいけない。

  • 入るのは出たものが返るということ、来るのは譲ったものが入ることである。商売もまた同じである。自分の利益だけを追い求め、買う人のためになることを考えずにむさぼり取るようでは、その店の衰退は目前に迫ってくる。だから譲こそが大事なのだ。

  • 粗食になれて、しかもそれを不足に思わない時には、為そうとしていることは総てが成就する。

  • 空腹のときに飯を食べさせてください、そうしたら庭を清掃して差し上げますといっても、誰も飯を食わしてはくれない。空腹を我慢して庭の掃除をすれば、飯を食わしてくれることもあろう。これが己を捨てて人の気持ちにこたえるということである。

  • 人が事を成し遂げた後に、うまくいかなくなってしまうのは、それを特別なことと思わずに、よくあることだと勘違いしてしまい、それを基準にして日々の行動をしてしまうからである。それは最初は僅かの違いだが、やがては大きな差となって現れる。

  • 我が道は至誠と実行である。

  • たとえ明日食べる物が無いとしても、釜を洗い、膳や椀を洗って、餓死すべきである。これは、今日まで使用してきて、命をつないできた恩があるからである。これが恩を思う道である。この心のある人は、天の意向に叶うことから、富がその人から離れない。

  • 運は偶然の産物と勘違いされるが、運が現れるのは、いずれかの時点での行動がもととなって、現在に現れているのである。既に何らかの種が、蒔かれていたのである。

  • 学問は、学んだことを活用してこそ意味がある。 活用しなければ、幾ら沢山の本を読んだとしても、意味はない。

  • おのが子を 恵む心を 法とせば 学ばずとても 道にいたらん

  • 大事をなそうと思うなら、小事を怠るな。小事が積もって大となるのだ。大事を望んで小事を怠り、できそうにない難しいことを望んで、やればできるやさしいことをおろそかにするから、結局大事をしとげることができないのだ。

  • 凡人は小欲なり、聖人は大欲なり。

  • 貧者は昨日の為に今日働き、富者は明日の為に今日働く。


関連記事

夏目 漱石

夏目 漱石 の名言集

(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日

記事を読む

西村博之

西村博之(ひろゆき)の名言集

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日) 日本の実業家。有限会社未来検索ブラジ

記事を読む

NAKATANI AKIHIRO

中谷 彰宏の名言集

なかたに あきひろ、1959年4月14日 日本の作家、俳優 大阪府堺市出身。1990年代は

記事を読む

ノルウェイの森

ノルウェイの森等(村上春樹作品)名言

日本の小説家・村上春樹の長編小説。また、それを原作とした映画作品1987年9月、講談社から書き下ろし

記事を読む

ニーチェ

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ の名言集

『フリードリヒ・ニーチェ』より : フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich W

記事を読む

野原ひろし

野原ひろしの名言集

臼井儀人の漫画『クレヨンしんちゃん』に登場する架空の人物 主人公・野原しんのすけの父。アニメ版

記事を読む

Napoleon Hill

ナポレオン・ヒルの名言集

ナポレオン・ヒル(Napoleon Hill,1883年10月26日 - 1970年11月8日)

記事を読む

ナイチンゲール

ナイチンゲール(Florence Nightingale)の名言

フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale、1820年5月12日 - 1

記事を読む

Katsuya Nomura

野村 克也の名言集

野村 克也(のむら かつや、1935年6月29日) 京都府出身の元プロ野球選手(捕手)・監督・

記事を読む

永守 重信

永守 重信の名言集

永守 重信(ながもり しげのぶ、1944年8月28日) 日本電産の創業者 次男は、エルステッ

記事を読む





Message

Barack Obama
オバマ大統領の名言 演説

バラク・オバマとは? アメリカ合衆国の政治家。民主党所属。上院議

hillary-rodham-clinton
ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)の名言と迷言集 まとめ

ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clin

ドナルド・トランプ DonaldTrumpの名言と迷言集 まとめ

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump) ド

%e9%81%93%e5%a0%b4%e5%85%ad%e4%b8%89%e9%83%8e
道場六三郎の名言

料理の鉄人 日本の和食料理人 道場六三郎(みちば ろくさぶろう)

吉田沙保里
霊長類最強 吉田沙保里の名言

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年10月5日)は、日本のレスリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑

ブログパーツアクセスランキング