*

アルベルト・アインシュタインの名言集


アルベルト・アインシュタインの名言集

アルベルト・アインシュタイン(”Albert Einstein” 、1879年3月14日 – 1955年4月18日)

ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者

特殊相対性理論及び一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる。
特に彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。

  • …であり、真に敬虔な態度とはこういうことを知り、こういった感情を抱くことなのだ。そして私はこの意味において、この意味「だけ」において、極めて敬虔な人間なのである。

  • 私は天才ではありません。ただ、人より長くひとつのことと付き合ってきただけです。

  • ある偶然の出来事を維持しようとする不幸な試みを結婚という。

  • 我々が理解できない何かが存在していると知ること、もっとも深遠な「理」と強烈な「美」の顕現を知ること、それは最も基本的な形で我々の理性によってのみ知ることが出来るの…

  • あなたの祖母に説明できない限り、本当に理解したとは言えない。

  • 宇宙について最も理解しがたいことは、それが理解可能だということである。

  • もし物理学者でなかったら、恐らく音楽家になったでしょう。しばしば音楽の中で思索し、音楽の中で空想しています。音楽の言葉で人生を考え・・・音楽から最も喜びを見出します。

  • 幸せな人は今のことで満足するあまり、これからのことについて考え込まない。

  • 科学はすばらしいものだ。もし生活の糧をそこから得る必要がないのなら。

  • 旅行は好きだが、着くのが嫌いだ。

  • 偶然の一致だけれども、何かの縁があって起きたように思えるようなことや、同時発生というのは、神様がご自分の業だと知られないようになされている業なのです。

  • 神は思わせぶりだが、悪意は持たない。

  • 人生は、自転車に乗っている時の様だ。バランスを保つには、動き続けないといけない。

  • 宗教なき科学は不具であり、科学なき宗教は盲目である。

  • 神が世界を相手にサイコロをもて遊ぶ道を選ぶなんて、私には全く信じられない。

  • 他者のために生きる人生こそ、生きるに値する人生だ。

  • 一度にすべてのことが同時に起こらないために、時間はただ存在する。

  • 結婚とは、偶然の結果を長続きさせようとする、成功の見込みのない企てです。結婚はすべて危険です。

  • 私の権威に対する軽蔑を罰するために、運命は私を権威にしてしまった。

  • 大事なことは疑問を持つことを止めないことだ。好奇心はそれ自体で存在意義がある。

  • もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がいなくなり、そして人間がいなくなる。

  • 美人にキスしながら安全運転ができる人間は、キスに十分集中していない。

  • 全ての恐怖の中で死の恐怖ほど、最も不条理なものは無い。何故なら、死んだ者はもう恐怖(事故)にあう危険は無いからである。

  • 人生は神秘的。解くべき問題ではない。

  • もしあなたが人生の目的や社会のゴールを見出せそうとするならば、その問いは意味を失う。

  • 私が自然界に見るものは、我々がほんの不完全にしか理解出来ない、素晴らしい構造をしており、思慮深い人をして、謙譲の感情に充たすに違いないものである。この感情は神秘主義とは何の関係も無い、真に宗教的な感情である。

  • 昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう。

  • 私は、人類の運命と行いについて気にする神ではなく、世界の秩序ある調和として現れる、スピノザの神を信じます

  • 方程式は私にとってより重要です。なぜなら政治は当面にかかわることでありますが、方程式は永遠にかかわるものですから。

  • あまりに多くの人がアメリカ人を金の亡者とみなしている。それがアメリカ人自身によって考えも無く繰り返し言われているが、 これは無慈悲な根拠の無い中傷である。

  • 平和は、武力によっては維持できない。それは唯一、理解によってのみ達成される。

  • 神の前において我々は平等に賢く、平等に愚かである。

  • 自分や他人の命を意味が無いと考える人間は、不幸であるだけでなく、ほぼ生きる資格がない。

  • 論理は君をAからBへ到達させる。想像は君をどこにでも連れて行く。

  • 神は数学的困難など気にしない。彼は積分を現実に行っているのだから。

  • 知識の唯一の源は、経験である。

  • 失敗をしたことが無い者は、何も新しいことに挑戦したことがない。

  • どんな問題も、それが創られたのと同じレベルの意識では、解くことはできない。

  • あなたのしていることの理由を考えるために立ち止まってはならない。なぜ自分が疑問を抱いているかを考えるために立ち止まってはいけない。

  • 私に関する限り、これ見よがしの騒がしい徳よりも、無言の不徳を好みます。

  • 人類の科学技術が我々の人間性を越えてしまったことは、ひどく明白である。

  • 事実が理論に合わないなら、事実を変えなさい。

  • 愉快に隊列をなして行進する人間は、それだけで私の侮辱に値する。彼は間違って大きな脳を授かったのだ・・・と言うのも、彼にとっては脊髄だけで十分であるから。

  • いや、その試みは上手くいかないでしょう・・・一体全体、どうやって「初恋」のような重要な生物学的現象を化学や物理の言葉で説明しようとしますか?

  • 我々が抱ける最も素晴らしい感情は、神秘的な感情である。ここに全ての芸術と全ての真の科学の根源が横たわっている。この感情に無縁のものは、異邦人であり、驚くことも出来ず、畏怖心を抱きながら生きることも出来ず、死人も同様である。我々に…

  • …不可解のものが実際に存在し、最も気高き知恵と異彩を放つ美しさとして明白に表れているということを知ることは・・・その全体的な概形のみが貧しい我々の能力で理解できるというこの知識、そしてこの感情が・・・ 真の宗教的な感情の核である。

  • 世の中で最も理解に苦しむのは、所得税である。

  • 原子を割るよりも偏見を割るほうが難しい。

  • 人間の真の価値は、自分からどれくらい自由であるかで決まる。

  • 数学の法則は現実の世界について何か教えてくれる限り、不確実であり、確実である限り、現実の世界について何も教えてはくれません。

  • 「アインシュタイン先生、今年の試験の問題が昨年のものとまったく同じなのですが!」「そうとも。しかし、今年は全部答えが違うよ」

  • 第3次世界大戦では分らないが、第4次世界大戦では、人間は多分石を持って投げ合うだろう。

  • 一つの国は、戦争の準備と、防止を同時にはできない。

  • 私は想像を自由に描けるという点でアーティストだといえる。想像は知識よりも重要だ。知識は有限だが、想像は世界を包み込む。

  • 成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に取って替わられてしかるべき時だ。

  • 環境は私とは全く別のものである。

  • 好奇心が正規の教育を生き延びるのはある種の奇跡である。

  • 唯一価値あるものは直感である。

  • 倫理上の格率が発見され試されるのは、科学の公理とさほど異ならない。真理とは経験の試練に耐えうるものをいう。

  • 学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。

  • 二つの事柄が私を畏怖させる。星々に満ちた天空と内なる精神的(道徳的)世界です。

  • ゲームのルールを学ぶこと。そして、誰よりも上手にプレイすること。

  • 生活するには2通りの方法がある。奇跡なんてないと思うか、何もかも奇跡だと思うかだ。

  • 観察と理解の喜びは、自然の最も美しい贈り物である。

  • 神の叡知が知りたい・・・・その他のことは取るに足らないことだ。

  • 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  • 人類は“宇宙”と呼ばれる全体の一部であり、時間、空間での限られた一部分である。それ以外から隔てられた何かとして、またその意識をある種類の視覚的幻影として、彼は、彼自身や、思考、そして感情を経験する。その幻影は、ある種類…

  • …の牢獄であり、我々を個人的な欲望に追いやり、数人の近親者への感情の虜とする。我々の使命は、この牢獄から解き放たれ、全ての生けるものや、自然の全てをその 美しさの下に抱きしめる、慈しみ深い熱情の輪を広げなければならない。

  • 成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人になろうとしなさい。

  • 現実は幻想に過ぎない。非常にしつこいものではあるが。

  • 偉大な精神を持つ人は、常に、凡庸な考え方を持つ人に激しい反発を受けてきた。陳腐な先入観に盲目的に従うことを拒否し、勇気を持って正直に自分の意見を表明する人のことを、凡人は理解できない。

  • 数学で苦労していることを気にしてはいけません。私の方が数学でもっと苦労していることは確かですから(女子中学生のバーバラ・ウィルソンに、1943年)

  • 薪割りを好む人が多いのは理解できる。この仕事では結果がすぐ分かる。

  • 直接目に見える真理から一見かけ離れた複雑な現象に統一性を認識することは、崇高である。

  • どんな知的な愚か者でも、物事を大きく、複雑に、かつ暴力的にすることはできる。その反対の方向に動かすためには、少しの天才と、そしてたくさんの勇気がいる。

  • 恋に落ちるのは愚行ではありませんが、重力にその責任はありません。

  • カーネギーのドル袋で武装されたモーセ、イエス、あるいはガンジーの姿を誰が想像できるだろうか?

  • 今日では、人生に自分が投入した以上の見返りを得る人間が成功者と見なされる。しかし価値ある人間とは、(他人から)受け取るよりも多くのお返しができる人のことを言うのである。

  • 私の学習を妨げた唯一つのものは、私の受けた教育である

  • 宇宙で最も強大な力は複利である。

  • 決して、自分の学習を義務と見なしてはいけない。むしろ、羨むべき機会と見なしなさい。精神の領域で美が発揮する解放の力を知ることを学ぶ機会です。自分自身の個人的な喜びのために、また、皆さんがやがて携わる仕事が属する社会の利益のために。

  • 利口な人は問題を解決する。 賢明な人は問題を避ける。

  • 昨日から学び、今日のために生き、明日のために希望を持ちなさい。大事なことは、疑問を持つことをやめないことだ。

  • 私には特別の才能はない。ただ私は、情熱的に好奇心が旺盛なだけだ。

  • なしうる限り、すべての希望や要求を満たし、人間同士の交わりにおいて調和と美をもたらすことだ。

  • 人々がただ罰を恐れ、報酬を望むというだけで善良であるなら、我々は実に哀れむべき存在だ。

  • 真理と知識の裁判官として自らを高みに置くものは、神々の嘲笑により挫折させられる。

  • どんな時にも私の歩んできた道を導き、折節の厳しい現実にも明るい気持ちで立ち向かえて来れた心がけは何か。第一に人を理解する優しさ、第二に真に美しきもの、第三に真理を求める心、この三つである。

  • 数えられるものすべてに価値があるとは限らない。価値あるものすべてが数えられるとは限らない。

  • テーブル、椅子、器いっぱいのフルーツ、そしてバイオリン。人が幸せになるのに、他に何が必要か?

  • 今度生まれて来るときは、鉛管工になるでしょう。(この言葉より、彼は鉛管工組合から表彰された)

  • 同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。

  • 限界を認めれば、私たちはその向こうへ行く。

  • 困難の最中にチャンスがある。

  • 机、紙、鉛筆。それと私のすべての間違いを受け止めてくれる、大きなくずかご。(研究に必要なものを尋ねられた時の回答。1935年、プリンストン大学にて)

  • 無限なものが二つだけある。宇宙と人間の愚かさだ。前者について確信はないが。

  • 私の内面や思考の方法を吟味してみると、確かな知識を吸収する能力よりも空想する能力(変わった思いつき)のほうが私にとって重要であったと言う結論に至ります。

  • 人は大抵、賢さが周りのおかげであると考えることを避ける――敵を除いては。

  • 一点の曇りもない羊の群れの一員であるためには、まずは何よりも羊でなければならない。

  • 私は何ヶ月でも、何年でもひたすら考える。九十九回目までは、答えは間違っている。百回目でようやく、正しい結論にたどり着く。

  • 人間は、宇宙の全体像を知ることはできない。私たち人間は、巨大な図書館に入り込んだ、小さな子どものようなものである。壁は天井まで、いろいろな言語で書かれた書物が、ぎっしりと並べられている。その子どもは、だれかがこれらの本を書いたということは知る…

  • …かもしれないが、誰がどうやって書いたかまでは分からない。それらの言語を理解することもない。が、その子どもは、その本の並べ方について、一定の約束、つまり理解はできないが、ぼんやりとした疑いを感じながらも、神秘的な秩序があることに気づくだろう。

  • 人の価値は、彼がどれだけのものを得られるかではなく、どれだけのものを与えられるかで見るべきだ。

  • すべてのものは、できるだけシンプルに作られるべきだ。しかし、よりシンプルであってはいけない。

  • 信じない人の偏狭さは、信じる人の偏狭さと同じくらい私にとっては可笑しい。

  • 神はサイコロを振らない。







関連記事

Akimoto Yasushi

秋元康の名言集

秋元 康(あきもと やすし、1958年5月2日) 東京都目黒区出身の放送作家、作詞家、プロデュ

記事を読む

Mother Teresa

マザー・テレサの名言集

マザー・テレサ(Mother Teresa、本名アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ(Agnesë Go

記事を読む

Masaru Ibuka_e

井深 大の名言集

井深 大(いぶか まさる、1908年4月11日 - 1997年12月19日) ソニーの創業者。

記事を読む

アマンシオ・オルテガ

アマンシオ・オルテガ・ガオーナ(Amancio Ortega Gaona)ZARA創業者

ZARAで知られるアパレルメーカーのインディテックス社の創業者アマンシオ・オルテガ・ガオーナ(Ama

記事を読む

Mitsuo Aida

相田 みつをの名言集

相田 みつを(あいだ みつを、本名:相田 光男、1924年5月20日1991年12月17日)

記事を読む

SOTSUGYOU

卒業生に贈りたい言葉の名言集

卒業式に先生からの贈る言葉です 巣立ち行く教え子達に、又は遠く別れ行く仲間に贈りたい言葉一本の

記事を読む

安部修仁

安部修仁の名言

安部 修仁(あべ しゅうじ、1949年9月14日- )は、日本の実業家。株式会社吉野家ホールディング

記事を読む

アーネスト・ヘミングウェイ

アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway)の名言・格言

アメリカの小説家・詩人アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingw

記事を読む

心理学者

心理学者がアドバイスしてくれた名言集

カウンセリング等でも活躍される心理学関係の名言を集めてみました 「それでは、自分には何がで

記事を読む

Mark Zuckerberg_e

マーク・ザッカーバーグの名言集

マーク・ザッカーバーグ(マーク・エリオット・ザッカーバーグ、Mark Elliot Zucker

記事を読む





Message

Barack Obama
オバマ大統領の名言 演説

バラク・オバマとは? アメリカ合衆国の政治家。民主党所属。上院議

hillary-rodham-clinton
ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)の名言と迷言集 まとめ

ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clin

ドナルド・トランプ DonaldTrumpの名言と迷言集 まとめ

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump) ド

%e9%81%93%e5%a0%b4%e5%85%ad%e4%b8%89%e9%83%8e
道場六三郎の名言

料理の鉄人 日本の和食料理人 道場六三郎(みちば ろくさぶろう)

吉田沙保里
霊長類最強 吉田沙保里の名言

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年10月5日)は、日本のレスリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑

ブログパーツアクセスランキング