*

アカギの名言集

公開日: : 最終更新日:2014/03/21 , あ~お, アニメの名言 , , , , , ,


akagi

後に神域の男と讃えられることになる赤木しげるの少年時代から、伝説の雀士へと成長していく姿を描いた麻雀漫画

わずか13歳の素人にして「プロの代打ち」を打ち負かすほどの麻雀の腕を持つ「闇に降り立った天才」

麻雀・その他ギャンブルの天才。才気・精神性・運量、その全てが常軌を逸しており「悪魔」と比喩され、相手を呑み込むその打ち筋は「闇」、「ブラックホール」と銘打たれる。若年ではあるが、数々の修羅場をくぐり抜けていき、裏社会で伝説を築き上げていく。
狂気と無欲からくる独自の死生観を持ち、自らの判断と信念には一切迷わず命を賭ける。その生き方は死にたがりのようですらあるが、クールさの奥に真の勝負を希求する熱さを秘めている。
チキンランという命を的の度胸試しで、自らアクセルを 踏むことで生還するという「常人を超えた発想」を持つ。
その発想は、麻雀においても如何なく発揮される。 一見、生きることに、なんの意味をも見出していないよ うに思えるクールな言動だが、実は迸るほどの熱いマグマを、その内に秘めている。


  • 「進む」ことが強いときもある。 しかし今この状況で強さとは踏みとどまることだ…

  • 「怒り」にすら損得を絡めてくるレベル…通俗性…あの男には死ぬまで純粋な怒りなんて持てない…ゆえに本当の勝負も生涯できない、奴は死ぬまで保留する…

  • あ…消える…消えるな…!そうか…これが死か…よし…行けっ…!放たれろっ…!飛散しろっ赤木しげる…!ああ…俺の暗刻はそこにある…

  • あの裸単騎には魔法がかけてある…

  • あんたが信じているのは耳…!卓越した自分の能力だけ…違うかい…?フフ…実はオレもそうなんだ…!

  • いく時なんだよ今は…!勝って…勝って勝って勝ち尽くす…!絞り取る…!生き血のように…金を…!最後の一滴まで…!

  • いわばこの取り引きが成立すると勝手に決めて、戦う手をおろしてきたって訳だ、つまり今 奴の手は戦う形になっていない、なら…進もう…!奴が退いた分 前へ、この四暗で刺す…!

  • オレには聞こえる…捨て牌三種の声…

  • きたぜ。ぬるりと…

  • ククク…意外に臆病だな…鷲巣巌…!

  • こんなヤロー殺しちまえってことは、自分も殺されてもかまわないってことだ、そうだろ…?そういう意味なんだろ…?

  • こんな状態の浦部が最後に頼るものといったらもう…理しかない…長年培ってきた…合理的な考え方しかない、しかし、実はその合理性こそ、つけ込めるスキ…!

  • しかし矢木に電流走る

  • そう…!その幻想を買いたかった…!

  • そうだ…その意気だ…!来いよ鷲巣…!貧しき者…!

  • その縄(合理性)じゃ俺は縛れねえよ…

  • どいつもこいつも…地獄に堕ちやがれ…!

  • どうせ死ぬなら…強く打って、死ねっ!

  • なまじブレーキを踏むより、ずっと助かる公算が高いんだ。

  • なんでもいい、手段は選ばない、地獄を一度くぐっちまうことさ、南郷さん、ツキの女神はいつだって、その先にしゃがみこんでいる

  • なんでもっとスカッと生きねぇのかな…

  • ぶっちぎりだと…思ってんだろ…?違うっ…!それは少し違う…!実はな鷲巣…意外と近いんだぜ…オレ…!

  • まだだよ…まだ終っていない…まだまだ終わらせない…!地獄の淵が見えるまで、限度いっぱいまでいく…!どちらかが完全に倒れるまで…勝負の後は骨も残さない…!

  • まるで白痴だな…八木さん…例え間違いでもオレがあの局面で牌を倒したりするもんかね…信用するなよ…人を…

  • もう漕ぎ出そう…いわゆる「まとも」から放たれた人生に…!

  • もし…鷲巣が…今跳ね…「理」切り…!その天性の気質である…狂気…!狂気に身を委ねたなら…オレは敗れる…!

  • ヤクザをなめた罪、それはこの世で一番重い実刑、情状酌量の余地なし

  • わしが王だ…!おまえたちは執事!下僕!

  • 案の定ひねた打ち方、人をはめることばかり考えてきた人間の発想、痩せた考え…

  • 意地じゃ突っ込まねえ…。迷いが生まれたら引き返そう…。死ぬときは…、心から死ぬ…!

  • 一度バランスをくずせば…才気優れる者ほどもろい…

  • 俺はいつでも死んでやる…!綺麗に…!

  • 俺は頭など使ってねえよ。ただ手が走っただけだ…

  • 俺は偏っているっ…!俺は…唯一…それを誇りにここまで生きてきた…!

  • 覚えておくんだ…、ヤー公…。3人で囲めば圧勝できるだと…。バカじゃねえのか…?そういうこざかしいことと無関係のところに…、強者は存在する…!

  • 掛け値なし…俺はこのまま死にたいのだ…!

  • 危ない橋一本渡れない男に勝機があるかっ…!どうせ死ぬなら強く打って…死ねっ…!

  • 気持ちが押されているから軽々に勝ちへ走るっ…!勝ちを急がなきゃ勝てた…ほんの2?3順我慢すれば勝てたのに…何を恐れているんだか…

  • 偽の怒り。偽の言葉。偽の勝負。うんざりなんだよ…そんなもの。そんな戯れ事じゃまるで埋まらない。心が満ちないんだ。

  • 曲げられねぇんだよ…自分が死ぬことと博打で出た目はよぉ…

  • 駆け巡る脳内物質……!

  • 見えてる人間は選べるんですよ…!見えていることをそのまま知らせること、見えていないときに見えている振りをすることそして、見えていても見えていないと装うこと…!ある牌を一巡遅く切るかどうかで…自在っ…!敵の思考を…かなり自在に操作できる…!

  • 言っとくが…勝つ気だぜオレは…!

  • 行こう…!もう一度死線をくぐりに…!

  • 死ぬ時がきたなら…ただ死ねばいい…

  • 死ねば助かるのに…

  • 死んだ手だろ…!一度死んだ手を…蘇らせ うろうろされちゃ…迷惑だ…!戻ってろ 墓に…!

  • 自己肯定が…あまりに血肉になりすぎていて…顧みる事ができない…!ククク…だから見えない…!鬼には…王には…見えないっ…!

  • 自分の身さえ捧げれば、自分の身とひきかえならば、どんな違法も通るという誤解。それで責任をとったような気になるヒロイズム。とんだ勘違いだ。責任をとる道は身投げのような行為の中にはない。責任をとる道は、もっとずーっと地味で全うな道。

  • 弱気に流れている人間は理に頼ろうとする、直感に頼ることが出来なくなる…

  • 勝負のアヤはこの先どうもつれるか、まだ分からない…そんな簡単に逃げきれるものではない

  • 勝利とはリスクと等価交換で手にするもの

  • 昭和40年の5億は現在の50億

  • 焼かれながらも…人は…そこに希望があればついてくる…!

  • 信じると捨てるは同じこと

  • 寝ぼけるな…続行だ…ケチな点棒拾う気なし…!

  • 知ってる?それだぜ!お前を苦しめているものの正体って。お前は、そのまとも、正常であろうっていう価値観と自分の本心、魂との板ばさみに苦しんでいたんだ。振り回されてきた。そのまとも、正しさに。、なんでもいい、手段は選ばない、地獄を一度くぐっちまうことさ、南郷さん、ツキの女神はいつだって、その先にしゃがみこんでいる

  • 追う道はあるんだ…!みてな…凍りつかせてやる…!

  • 奴は「偶然そうなる」ってことに無防備、奴の金庫のカギ穴は、偶によって満ちる…!

  • 奴らが恐れているのはオレたちの狂気、ブレーキを踏まない心、あの夜もブレーキを踏まないから助かった…

  • 捻くれ者の…オレの本流っ…!

  • 背中に勝とうという強さがない、ただ助かろうとしている、賭博で負けの込んだ人間が最後に陥る思考回路…

  • 倍プッシュだ…!

  • 鼻が鈍ったな…鷲巣巌…!怯えているから…!

  • 表面上は勢い良く見えても、体の芯…心の奥底は震えているから、欲が吹き出る…!

  • 不完全でもやはり動く事が道を開くこと。そうだろ?

  • 不合理こそ博打・・・それが博打の本質・・・不合理に身をゆだねてこそギャンブル…

  • 不本意と仲良くすること…そんな生き方が好きだった…

  • 負けると感じながらオリないアホウ、南郷さんがこの先どれだけ生きるか知らねえが…こんな絶好のカモ、2度とお目にかかれねえよ、むしれるだけむしる…!

  • 麻雀に勝つには、その男の根っこ、「潜在意識」や「イド」とすりあうようにある、人間の最も原始的な思考の流れを、見定めなきゃいけない…

  • 無意味な死。それこそがギャンブルってやつじゃないか。

  • 命ってのはすなわち輝きなんだから、輝きを感じない人間は命を喜ばせてないんだなってすぐわかる。どうして命が喜ばないかと言ったら、これまたひどく単純な話。要するに動いてないのだ!命の最も根源的な特徴は活動。動くってことだ。動かなくなったら即死なんだからよ。、信じると捨てるは同じこと

  • 命は二の次…それより自分が大事だ…!

  • 面白い…狂気の沙汰ほど面白い…!

  • 冷たい人間がこんな面倒なことに首を突っ込むもんか。冷たい奴ってのは、いつだって傍観者だ。、自分の身さえ捧げれば、自分の身とひきかえならば、どんな違法も通るという誤解。それで責任をとったような気になるヒロイズム。とんだ勘違いだ。責任をとる道は身投げのような行為の中にはない。責任をとる道は、もっとずーっと地味で全うな道。、面白い…狂気の沙汰ほど面白い…!

  • 鷲巣の核は今見えるあのねずみの姿ではない、あの奥に何かある…!だったら見なくちゃ…!その奥にあるもの…!

  • 一度心が恐怖に侵食されると、その弱い意識、流れからはやすやすとは抜けられない。 となれば、狙い撃ちさ・・・・・そんな心は・・・・!







関連記事

エグザイル(EXILE)の名言集

エグザイル(EXILE)の名言集

日本のヴォーカル&ダンスユニット 所属事務所は、リーダーのHIROが社長を務める株式会社LDH

記事を読む

上島竜兵

上島竜兵の名言

日本のお笑い芸人 兵庫県出身。役者を目指し青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍。養成

記事を読む

Warren Edward Buffett

ウォーレン・バフェットの名言集

ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett、1930年8月30日) ア

記事を読む

銀と金

銀と金の名言

福本伸行による日本の漫画作品裏社会を生きる男達の、株の仕手戦や政治家との裏取引などの駆け引き、殺人鬼

記事を読む

梅原 大吾

梅原 大吾(ウメハラ)の名言集

梅原 大吾(うめはら だいご、1981年5月19日) 日本での愛称はウメハラ、ウメ、ウメさん。

記事を読む

Ivica Osim、Ивица Осим

イビチャ・オシムの名言集

イビチャ・オシム(Ivica Osim、Ивица Осим、本名 イヴァン・オシム, Иван

記事を読む

アマンシオ・オルテガ

アマンシオ・オルテガ・ガオーナ(Amancio Ortega Gaona)ZARA創業者

ZARAで知られるアパレルメーカーのインディテックス社の創業者アマンシオ・オルテガ・ガオーナ(Ama

記事を読む

akashiya-sanma

明石家 さんまの名言集

明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 ) 日本のお笑いタレント、司会者、俳優、

記事を読む

Kazuo Inamori

稲盛 和夫の名言集

稲盛 和夫(いなもり かずお、1932年1月21日(戸籍上は1月30日) 京セラ・第二電電(現

記事を読む

ootsuka-400x300

大塚 英志の名言集

大塚 英志(おおつか えいじ、1958年8月28日) 評論家、小説家、漫画原作者、編集者。白倉

記事を読む





Message

Barack Obama
オバマ大統領の名言 演説

バラク・オバマとは? アメリカ合衆国の政治家。民主党所属。上院議

hillary-rodham-clinton
ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)の名言と迷言集 まとめ

ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clin

ドナルド・トランプ DonaldTrumpの名言と迷言集 まとめ

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump) ド

%e9%81%93%e5%a0%b4%e5%85%ad%e4%b8%89%e9%83%8e
道場六三郎の名言

料理の鉄人 日本の和食料理人 道場六三郎(みちば ろくさぶろう)

吉田沙保里
霊長類最強 吉田沙保里の名言

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年10月5日)は、日本のレスリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑

ブログパーツアクセスランキング