ウォルト・ディズニー(Walter Elias Disney)の名言集

2014/04/18


Walter Elias Disney

ウォルター・イライアス・ディズニー(Walter Elias Disney, 1901年12月5日 - 1966年12月15日)

通称ウォルト・ディズニー(Walt Disney)は、アメリカ合衆国・イリノイ州シカゴに生まれたアニメーター、プロデューサー、映画監督、脚本家、声優、実業家、エンターテイナー

世界的に有名なアニメーションキャラクター「ミッキー・マウス」の生みの親であり、兄のロイ・O・ディズニーと共同で設立したウォルト・ディズニー・カンパニーは350億ドルの収入を持つ国際的な大企業に発展した。

一族はアイルランドからの移民であり、姓の「ディズニー」の由来はフランスのカルヴァドス県のイズニーで、後に英語風に直された。イライアスは父名。

  • 与えることは最高の喜びなのだ。他人に喜びを運ぶ人は、それによって自分自身の喜びと満足をえる。
  • 私はアイデアを受け入れることに制限を設けない。もし清掃作業員が良いアイデアを持っていればそれを採用する。
  • 私はよく人から成功する秘訣を教えてほしいとか、どうすれば夢を実現することができるかと尋ねられます。その答えは「自分でやってみる」ことです。
  • 成功させる方法は一つしかないとわかっていた。当たって砕けろ、とにかくやれ、ということだ。
  • いくらクリスマスシーズンに人がたくさん来てくれても、満足しちゃいけない。お客様に対しては、いつも少しでも付加価値を与えてあげるんだ。投資の価値はあるよ。もし人が来なくなってしまったら、また来てもらうためには十倍の費用がかかってしまうのだから。
  • 私は失敗した。だがそこで多くのことを学んだ。若い頃にひどい目に遭い、失敗する事は重要なんだって、思うね。
  • 一人の人間が大きな業績をあげるためには、多くの人の手と気持ちと知力が必要になるのです。
  • 正直に自分の無知を認めることです。そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れます。
  • 子どもっぽさ、それはユーモアのセンスを絶対に失わないことと同意語だと思う。
  • ディズニーランドが実行可能だと銀行を納得させるのは不可能だった。なぜなら、夢の担保価値はほとんどゼロだから。
  • 決してうんざりしたり、皮肉な見方をしてはいけません。昨日は過去なのですから。
  • 人生で経験した全ての逆境、トラブル、障害が、私をまっすぐにし、強くしてくれた。
  • 好きなことだけ、のめり込み過ぎないように。そうすると、他の分野への冒険ができなくなってしまう。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは愚かなことだ。
  • 子供たちをトラブルから遠ざける方法は何かに興味を持たせることだ。子供たちに講義などしても、非行の何の答えにもならない。牧師の説教も子供たちをトラブルから引き離せないだろう。可能なのは、子供たちの心を何かに没頭させることだ。
  • 新しいプロジェクトを始める時は完全に最後まで信じるんだ。自信を持って、最良の結果を目指して最善の努力をすることだ。
  • 人間には二通りある。一つは仕事にありつけないとへこたれてしまう人間、もう一つは、たとえ仕事がなくとも、必ず自分に何かやれる仕事があると信じている人間、この二通りの人間である。
  • 私は常に改革者であることを信条としている。
  • いい作品さえ作れば、銀行の連中なんて関係ないんだ。
  • ディズニーランドはいつまでも未完成である。現状維持では、後退するばかりである。
  • 失敗するかもしれないが、その失敗から学んでいけるんだ。
    それを夢みることができるならば、あなたはそれを実現できる。
  • 安いか高いかなんて心配しなくてもいい。良質かどうかだけを考えればいいんだ。もしそれが十分に良いものなら、人々はその見返りをきちんと払ってくれる。
  • ディズニーランドは完成することがないだろう。世界に創造力がある限り、成長し続けるだろう。
  • やってもみないうちに諦めるのかね。私たちは高い目標をもっているからこそ、これほど多くのことをやり遂げられるんだ。
  • 私は、事業のために映画を作っているのではなく、映画を作るために事業をしている。
  • 好奇心はいつだって新しい道を教えてくれる。

4万円からクルーザー貸切 2人デートコース

クルージング 大阪

-あ~お, , た~と, , 殿堂入り
-, , , , ,