残念な友情の迷言


残念な友情の迷言

友情は大事だが中には…信頼と疑心暗鬼な迷言を集めてみました

  • 友人は服のようなものだ。 すり切れないうちに捨てねばならぬ。 さもないと、向こうがこちらを捨てる。
  • 友人はあなたのためでなく、自分の利益のために忠告する。
  • 友人の信頼の度合いは人の死や緊急事態、困難の状況の時に分かる。
  • 友情は不変といってよいが色と恋が絡めば話は別になる。
  • 友情は静かな月のように、太陽の現れない前の大空に輝く。 だが、恋の光を受けるとすぐに色褪せてしまう。
  • 友情とは、誰かに小さな親切をしてやり、 お返しに大きな親切を期待する契約である。
  • 友を得る唯一の方法は、自分が良き友たるにある。
  • 友を探し求める者は不幸である。なぜなら彼にとって忠実な友は彼自身にほかならないから。
  • 友などいらない。 いれば楽しいが、いなくてもやっていける。 これがぼくの結論だ。
  • 不実な友を持つくらいなら、むしろ敵を持つがよい。
  • 不幸は、本当の友人でない者を明らかにする。
  • 難しいのは友のために死ぬことではない。命をかけるだけの価値がある友を見つけることが難しいのだ。
  • 諸君が自分自身に対して関心を持つのと同じように、 他人が自分に関心を持っているとは期待するな。
  • 酒が作り出した友情は、酒のように一晩しかもたない。
  • 山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。
  • 互いに小さな欠点を許し合う気がなくては、友情は全うすることはできない。
  • 運の移り変わりは、友情の信頼性を試す。
  • もっとも親しき友人というのは、つねに兄弟のように退屈である。
  • ひとりの人と友人になるときは、 その人といつか必ず絶交する事あるを忘るるな。
  • たいていの友情は見せかけであり、たいていの恋は愚かさでしかない。
大人の友達を作ろう。―人生が劇的に変わる人脈塾 (PHP文庫) 大人の友達を作ろう。―人生が劇的に変わる人脈塾 (PHP文庫)
中谷 彰宏

PHP研究所
売り上げランキング : 71266

Amazonで詳しく見る

4万円からクルーザー貸切 2人デートコース

クルージング 大阪

-, さ~そ, 迷言集
-,