アマンシオ・オルテガ・ガオーナ(Amancio Ortega Gaona)ZARA創業者


アマンシオ・オルテガ

ZARAで知られるアパレルメーカーのインディテックス社の創業者

アマンシオ・オルテガ・ガオーナ(Amancio Ortega Gaona、1936年3月28日 - )は、スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州生まれのガリシアの実業家。
ZARAで知られるアパレルメーカーのインディテックス社の創業者。2011年7月19日に社長の座をパブロ・イスラに譲るまで同社を率い、世界的企業に育てた

  • ブルームバーグによると、2012年3月の時点で総資産額が世界6位の389億ドル(当時の換算で約3兆1,000億円)。
  • 最終学歴は中卒(義務教育修了)である。
  • 現在もア・コルーニャに居住しているらしい。

wikipedia

アマンシオ・オルテガ の 名言

  • We cannot limit ourselves to continuing on the path we have already opened…
    ここまで切り開いてきた道を我々が進み続けるとは限らない
  • One thing hasn’t changed ? the innovative spirit and urge for improvement that was the driving force back then
    ひとつ変わらないことは - 当時から革新的な精神と改善への情熱が原動力だったということだ
  • The key part of Inditex’s business model is its human capital
    インディテックス社のビジネスモデルの鍵は、人材にある。
  • Companies are comprised of human beings without the effort, professionalisms and motivation of whom, no achievement could be made
    企業というものは人間から成り立っている、努力、プロフェッショナリズム、モチベーションなくして、いかなることも達成できない
  • Innovation and commitment towards our customers define our corporate culture…
    革新そして顧客へのコミットメントが我が社の企業文化である
  • Just as we did in that first store which opened its doors… 25 years ago, we will expose ourselves daily to public scrutiny and attempt to seduce the customer with the latest fashion, the finest design, and the most attentive service
    25年前・・・かつて最初の店舗を開店した時から変わらず、日々人々観察眼に自らを晒し、最新のファッション、最高のデザイン、最良のサービスで顧客を魅了し続けていく
  • The good governance of the company ? and a transparent decision ? making process ? is inscribed in the very culture of our group
    優れた企業統治 - そして意思決定の透明性 - こそが我が企業グループの文化として刻み込まれている
  • The problem of succession in businesses anywhere in the world arises from the fact that not all legal heirs are suitable
    世界中のどこであれ、事業継承における問題は、子供たちが必ずしも適任とは限らないことにある。
  • 見栄を張ることなく、常に自分自身であること。
  • 粘り強さを持つこと。
  • 学ぶ精神を持って人生を生きること。
  • 店員はいつも優しい視線を持っていること。
  • レジではいつも笑顔で応対すること。
  • 手には常にボールペンを持っていること。
  • チーフは誰よりも多く接客すること。
  • 試着室は販売に重要な場所である。
  • 店内のどの場所でも忍耐で満たされていること。
  • 常に道理にかなったことに基づいて決定する。
  • 人には常に客観性をもって臨み、相手の立場に自分を置いてみること。
  • 指揮することは資格ではない。人より先を進んで、そして手助けをして人に教えることである。
  • 否定的な観点から物事を判断するのであれば、同時にその為の解決方法も示してあげること。
  • 仕事については常に複数形で話すこと。「これは自分がやった」とは絶対に言わないこと。
  • 小さなことに注意を払うことは大事である。目を大きく開け、耳を強く傾けて生活することである。
  • 納品業者には敬意をもって応対すること。
  • 我々を取り囲む周囲は全て競争相手である。相手を過小評価してはいけない。それで大企業は潰れている。
  • ビジネスの核心がゆらぐことのないように、決定は敏捷性をもったものであること。失敗は許されない。
  • 危機は恐怖の対象ではない。チャンスである
  • 幼少の何もない頃でも、成長することを夢見ていた。成長することが存続の為のメカニズムである。成長がなければ、企業は消滅する
  • 恐怖は持ったことはない。何故なら恐怖は自分を麻痺させることになるからだ。寧ろ、そこにチャンスが到来していることを掴むことが重要だ
  • 人々を愛して欲しい。そのほかのことはあとからすべてついてくるさ
  • 人には常に客観性をもって臨み、相手の立場に自分を置いてみること
  • 広告によって利益を受けるのは企業であって顧客ではない
  • ビジネスは戦略次第でどんな分野でも大きな成功を収めることができると証明しています。

    ユニクロ対ZARA
    ユニクロ対ZARA

    4万円からクルーザー貸切 2人デートコース

    クルージング 大阪

    -, あ~お
    -, ,