*

中谷 彰宏の名言集

公開日: : 最終更新日:2014/03/18 , な~の , , ,


NAKATANI AKIHIRO

なかたに あきひろ、1959年4月14日

日本の作家、俳優

大阪府堺市出身。1990年代は「トレンドクリエーター」という肩書を名乗っていた。

  • 【恥をかいた時、脳細胞はフル回転し、今まで交信できなかったものに交信できる。】 「恥をかく」という体験を大事にしましょう。 『人生は成功するようにできている』

  • 【「難題に共感できる力」をつけよう。】 難題にぶち当たった時にまずしなければならないのは、難題を解決することではありません。難題に共感することです。あなたの恋人が難題を抱えていて相談された時、どうするかを考えたらわかります。 『自分力を高めるヒント』

  • 【ジャブがなければ、パンチは生かせない。】 部下が上司を説得する時も同じです。サービスマンがお客様にサービスする時も同じです。一発で勝負を決めることはできないのです。 『自分力を高めるヒント』

  • 【ハンデが減れば、だんだん勝てなくなる。それでもハンデを減らしていこう。】 いかに自分のハンデを小さくしていけるかを意識しながら仕事をしましょう。 『自分力を高めるヒント』

  • 【好きなことに出会えただけで、幸せだ。】 好きなことに出会えない人も大勢いるんだ。 『頑張りすぎないほうが成功する』

  • 【すべての失敗は頑張りすぎが原因。後は、手を抜けばうまくいく。】 失敗が起こるのは、手を抜いたからではありません。手を抜いたら、失敗すらできないのです。 『頑張りすぎないほうが成功する』

  • 【世界で一番カッコいいのは「まちがった」と言える人だ。】 人生で、まちがわない方法があります。まちがった時に、「あっ、まちがった」と大声で言うことです。 『頑張りすぎないほうが成功する』

  • 【一番早く進むコツは、列を並び替えないこと。】 この法則を知っていながら、どうして人生では、列を並び替えてしまうのでしょう。 『頑張りすぎないほうが成功する』

  • 【「これから何をやりたいか」ではなく「今何をやりたいか」だ。】 先のことばかりを心配している人は、今を生きていません。あなたは、今を生きていますか。今を楽しんでいますか。 『頑張りすぎないほうが成功する』

  • 【時間をつくるコツは、準備をしないこと。時間がないという人は、準備に時間をかけすぎ。】 時間がないからできないのではなく、準備なしに始める勇気がないからできないのです。 『頑張りすぎないほうが成功する』

  • 【平らなところがあるから、階段は上ることができる。直線で上るより、階段で上るほうが高く上れる。】 成功のへの道は、一直線の坂道ではありません。上る時は、一瞬で急に上りますが、いくら時間をかけても、成果の上がらないまっ平らな時期もあります。 『頑張りすぎないほうが成功する』

  • 【どっちが勝つかわからない。ただし、見物客が勝つことだけはない。】 もう1回様子を見てみようと、見物する人だけが、負ける人なのです。しかも、賭けないで負ける人が圧倒的に多いのです。 『頑張りすぎないほうが成功する』

  • 【究極の勝負は、ジャンケンだ。人生は、ジャンケンの連続だ。】 ジャンケンで決めようということになって、嫌だなと思ったら必ず負ける。嫌だなと思った瞬間、もう負けているのだ。 『運を味方にする達人』

  • 【「はずみ」でやってるやつのエネルギーにはかなわない。】 その道一筋にやってる人より、「はずみ」でやってるやつのエネルギーのほうが凄いことがある。何の計算も、意識もないのが「はずみ」だ。だから強いのだ。 『運を味方にする達人』

  • 【人生は、思ったより甘い。】 「やりたいことをやればいいのに」と言うと、「でも、人生はそんなに甘くない」と君は訳知り顔で言う。甘いか甘くないかは、やってみないとわからないじゃないか。 『運を味方にする達人』

  • 【本当の勝負は、パターンからはずれた時から始まる。】 判断できる材料は、その時の状況でしかないのだ。 『運を味方にする達人』

  • 【嫌われ者になる覚悟はできているか。】 優等生でいようとするから疲れるのだ。他人が何と言おうがかまわない。嫌われてもいい。自分はこれがやりたいんだ、と考えられれば、楽になれる。 『運を味方にする達人』

  • 【最前線で弾に当たりやすいというのは、チャンスが多いということだ。】 安全なところで、死んだふりをしているのは、ふりではなくて死んでいるのだ。 『運を味方にする達人』

  • 【勝負は、初対面で、刀を抜く前についている。】 初めて誰かに会った時に、最初の一言をかわすまでに、もうその人との関係は決まっている。 『運を味方にする達人』

  • 【世の中には2種類の人間しかいない。現状で満足してる人間と、もっとよくなりたいという人間。】 もっともっと、こんなこともしたい、あんなこともしたいということがないのだろうか。 『運を味方にする達人』

  • 【目の前のことに、打ち込もう。】 生き切るには、目の前のことに打ち込むことです。 『1週間で「新しい自分」になる。』

  • 【ただ「生きる」のではなく、「生き切る」。】 「生きる」は、そこまでいけばいっぱいいっぱいです。いっぱいいっぱいの、もう少し先までいくのが「生き切る」です。 『1週間で「新しい自分」になる。』

  • 【返事でもらうメールが短いと不安になる女性は、短歌や詩を味わうことができない。】 メールの長さで、愛情をはからない。 『1週間で「新しい自分」になる。』

  • 【「読む読書」より「探す読書」をしよう。】 本は、実は読んでいるのではなくて、自分の抱えている問題の答えを探しています。キーワードを探しているのです。 『1週間で「新しい自分」になる。』

  • 【成功は、するものではなく、感じるもの。】 目標も目的も成功も、感じるものです。 幸福も感じるものです。 『1週間で「新しい自分」になる。』

  • 【書いているうちに書きたいことが見つかってくる。】 書きたいことがあるから、書くのではありません。書くのが好きで、何を書きたいかわからないから書くのです。 『人は誰でも作家になれる』

  • 【作家以外の人も、書くことで自分自身を見つめることができる。】 作家にならなくてもいい。でも、あらゆる人が、本を書くことによって、その人の本業に、きっとプラスになるでしょう。 『人は誰でも作家になれる』

  • 【作家に必要なのは、書く力ではなく観る力。】 同じ10の体験をしても、1のことしか見つけられない人もいれば、100のことを見つけることができる人もいます。 『人は誰でも作家になれる』

  • 【勉強のために、他人の本を読んでいるうちに、人生が終わってしまう。】 とにかく書き始めましょう。 『人は誰でも作家になれる』

  • 【大好きな一人に向かって話すつもりで書けばすらすら書ける。】 不特定多数の知らない人に向かって書こうとするから、行き詰まってしまうのです。 『人は誰でも作家になれる』

  • 【一度しか迫らないで女をがっかりさせている男がなんと多いことか。】 一度しか迫らないなら、迫るな。 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【電話番号を聞くのは、相手に好意があるという意思表示。】 電話番号を聞かれて女は初めて男を意識する。 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【「私、彼がいるのよ」当り前だ。君くらいのいい女なら、彼の100人はいていい。】 彼がいると言われたくらいで、ひるんでいては、彼がいる女がかわいそうだ。 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【「電話下さい」ではなく、「またかけます」だ。】 男が、コールバックなんか期待するな。 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【留守だったとしても、必ずメッセージを残す。何回でも、残す。】 へナチョコ男は、メッセージを残さないで、切ってしまう。 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【電話をかける理由は、たった一つだけでいい。】 「君の声が聞きたかったから」 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【口説く言葉は、5文字まで。】 へナチョコ男の言うことは、まわりくどい。だから何が言いたいの、と女の子をイライラさせている。まわりくどいセリフほど、シラけさせるものはない。 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【どうしたいのかわからない優しさは女性にとっては気味悪いだけだ。】 「だから、どうしたいの?」と、心の中で、叫んでいるのだ。 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【こんなことをしたら嫌われるのではないかと何もしない男が、いちばん嫌われる。】 何もしない男は、何かして嫌われた男より、もっと嫌われる。どうせ嫌われるなら、何かして嫌われたほうがましだ。 『口説く言葉は5文字まで』

  • 【「モテたい」という気持ちがなくなったら、終わり。】 「めんどうくさいならやめておきます」と言っていたら、何もかもが終わってしまうのです。 『テンションを上げる45の方法』

  • 【チャンスを、すっぴんでつかもう。】 運をつかめる人は、シャワーを浴びた直後のビチョビチョの頭でも出かけます。「すみません、すっぴんで出てきました」という人が運をつかめるのです。 『運を味方にする選択』

  • 【「自分を高める場所」に行こう。】 どんなところにいても、ここは自分を高めることができる場所かどうかを考えるのです。 『なぜあのリーダーに人はついていくのか』

  • 【リーダーシップは、学ばなければ身につかないものだ。】 リーダーシップを学んで身につけよう。 『なぜあのリーダーに人はついていくのか』

  • 【資格のある人ほど、資格に頼らない。】 資格の勉強をすることで、問題を先送りしない。 『30歳までに成功する50の方法』

  • 【繰り返されると、共感が生まれる。】 「なるほど、○○ですね」と、相手の言ったことを繰り返そう。 『成功する人の話し方』

  • 【「もっと速くしよう」という掛け声では、永遠に速くならない。】 仕事をスピードアップさせるには、目標を立てることです。 『大人のスピード時間術』

  • 【仕事がダサイのは、他人のせいではない。】 この人と仕事がしたいと思われるような、仕事のやり方をしよう。 『しびれる仕事をしよう』

  • 【高給をとれる人は、給料が安い時代でも、「給料が安い」とは言わなかった。】 会社の中で、授業料を払って、手に職をつけていける人が、高い給料を払ってでも来てほしい社員になります。 『成功体質になる50の方法』

  • 【チャンスは、雑用の中にある。】 雑用を雑用にするもしないも、あなた自身の取り組み方で変わるのです。 『30代でしなければならない50のこと』

  • 【自分探しは、一生懸命の結果であって、目的ではない。】 たまたま出会った仕事を一生懸命やっていたら、その結果として初めて自分探しができるというものです。 『迷いを断ち切る50の方法』

  • 【生意気な後輩が、自分を鍛えてくれる。】 同じ意見のイエスマンで、いい報告だけをしてくれる人間を集めて喜んでいても成長できません。 『30代で出会わなければならない50人』

  • 【できない理由を、忙しさのせいにしない。】 本を読めば仕事を早くするコツが掴めるのに、本を読まないから忙しいままなのです。 『明日は、もっとうまくいく。』

  • 【会社と教習所は、運転技術ではなく、忍耐力を学ぶところ。】 忍耐力は、最大の運転技術。 『昨日までの自分に別れを告げる』

  • 【足の引っ張りあいをする仲良しグループは、こちらから仲間はずれにされたほうがいい。】 そんなグループにいつまでいたって、あなたのプラスにはなりません。 『3年後の君のために』

  • 【お互いに目標がないと、友情は成立しない。】 「親友」というのは、男女にかかわりなく、共通の夢や目標や志を持った関係です。 『大人の友達を作ろう。』

  • 【身の回りのものが壊れるのも、「曲がり角」の前兆。】 何かが壊れたら、「いい前兆」だと考えよう。 『ターニングポイントに立つ君に』

  • 【八方美人は、友達ができない。】 好き嫌いを、つくろう。 『中学時代にしておく50のこと』

  • 【ご主人の苦労を理解できる女性は、よそでもモテる。】 ご主人や恋人の苦労をどれだけ理解しているかは、あなたがどれだけ社会的に生活できているかのあらわれです。 『大人の男を口説く方法』

  • 【自分がいないとダメになるという相手とは別れよう。】 甘えられることで自分がこの世に生きている意味を確認しようとする発想は、受け身の発想です。受け身でいると、いい男はつかまえられません。 『「あげまん」になる36の方法』

  • 【「別れても、好きな人」は、ありでいい。】 一回好きになったら、別れても、一生好きでいていい。 『たった3分で愛される人になる』

  • 【長続きする人は、ヤキモチをやかない。】 一生つきあうつもりで、つきあおう。 『徹底的に愛するから、一生続く。』

  • 【「素敵な男性が1人もいない」と言うのは、その人が会えないだけ。】 「いい男は1人もいない」と言わないようにしよう。 『大人の男を口説く方法』

  • 【昨日の領収書が財布に入っている人は、お金持ちになれない。】 財布に領収書を入れたまま、日付をまたがない。 『お金は、後からついてくる。』

  • 【涙】 ガマンすると、 涙がたまるので、 思い切り、 泣いていいよ。 『これから、いつも、一緒だよ。』

  • 【奇跡】 あの人の家族として生まれ、あの人と輝かしい人生をともに生き、一緒に笑い、一緒に泣き、素晴らしい思い出をもらいました。これこそが、奇跡なのです。 『これから、いつも、一緒だよ。』

  • 【落ち込まない】 「きっと、あの人は残念がってるだろうな…」と、あなたは悲しんでいます。でも、大丈夫です。あの人のほうが、あなたのことを、悲しがっていないか、心配しているくらいですから。落ち込まないことが、あの人を、心配させない方法です。 『これから、いつも、一緒だよ。』

  • 【これから親孝行】 「もう少し親孝行すればよかった」 と、あなたは感じています。 親孝行には、2通りあります。 ひとつは、生きているうちにする親孝行。 もうひとつは、なくなってからする親孝行。 『これから、いつも、一緒だよ。』

  • 【お金の使い方の上手な人は、持っているカードが少ない。】 使ってないカードは処分しよう。 『お金は使えば使うほど増える』

  • 【自己投資が、最もリターンが大きい。】 他人に投資するより、自分に投資しよう。 『お金持ちは、お札の向きがそろっている。』

  • 【サービスをしたら、こう言おう。「ここまでは誰でもやる」。】 そこから先どうするか、それはちゃんと考えないといけません。 『ここまでは誰でもやる』

  • 【会う人、みんな先生。】 誰かいい先生はいないかなと探すのではありません。毎日、会っている人の中で「この人からこういうことを教わった」「勉強になった」ということを見出すわけです。 『学校で教えてくれない50のこと』

  • 【「話の達人」は、感動を人に語る。】 話の面白い人の選ぶテーマは、感動です。話が面白くない人の選ぶテーマは、グチ・悪口・うわさ話です。 『成功する人の話し方』

  • 【二流のリーダーは、まじめ・賢明・一生懸命。一流のリーダーは、明るい。】 悲愴感が漂ってくると、リーダーにはなりえません。 『人を動かせる人の50の小さな習慣』

  • 【短所を指摘されたら、「ほめ言葉として受け取っておきます」。】 短所なんか直さなくていい。短所を直しているほど、人生は長くない。 『運を味方にする達人』

  • 【グチは、1分まで。】 大切なのは、その状態から元気になるために、何ができるかなのです。 『「大人の男」に愛される恋愛マナー』

  • 【時間を節約するために、好きな人としか、会わない。】 私の原則は、「好きな人から来た仕事は受ける」です。 『時間をプレゼントする人が、成功する。』

  • 【何も花の咲かぬ日は、下へ下へと根を伸ばす。】 今日一日、花が咲かなかったなと思ったら、今日はずいぶん根を伸ばしたなと、自分をほめてあげよう。 『少年みたいな君が好き』

  • 【チューリップは、寒いほうが長持ちする。】 しんどくなったら、もっとしんどいことにトライしよう。 『断られた人が、夢を実現する。』

  • 【美人になるほんのちょっとした方法を教えてあげよう。】 皮に生活態度、肉に感受性、骨に生きざまが出る。 『本当の君に会いたい』

  • 【目移りするのが好奇心じゃない。1つのものを見続けることができるのが本当の好奇心。】 それは、人に対してもそうだし、たとえば恋人に対してもそうだよね。見てても全然飽きないというのが、相手のことが好きだってことだ。 『本当の君に会いたい』

  • 【決断力のない人は、文章が長い。】 短い文章を書く人は、決断力があります。 『スピード決断術』

  • 【挑戦とは、大きなことをすることではない。明日する小さなことを、今日することだ。】 挑戦とは、スピードです。 『人を許すことで人は許される』

  • 【時間は大きさの決まったスーツケース。入れ方しだいで、まだ入る。】 まわりに気を使って、とりあえず入れておこうとしているものはありませんか。 『なぜあの人はプレッシャーに強いのか』

  • 【ホームランでは、流れは作れない。ヒットの連打で、流れは生まれる。】 大きなことを1つするより、小さなことをたくさんしましょう。 『なぜあの人は「存在感」があるのか』

  • 【熱意は、スピードでしか表現できない。神様を動かすのは、スピード、スピード、スピード。】 熱意があれば、おのずとスピードが上がってしまうのです。 『人を許すことで人は許される』

  • 【チームワークとは、トイレのスリッパの向きを変えること。】 人に優しくするとはどういうことでしょうか。トイレから出た時にスリッパの向きを変えておくということです。次に来た人が履きやすい向きに脱いでおくということです。 『なぜあの人にまた会いたくなるのか』

  • 【失敗をしない人より、失敗を恐れない人のほうが強い。】 一番恐ろしいのは、負けても負けても向かってくる相手です。失敗をしないことが、成功の秘訣ではありません。 『本当の自分に出会える101の言葉』

  • 【歯を食いしばっている人に、神様は、味方する。】 大きな夢を心に抱いている人は、なんでもないひと言に何かを感じることができる。追いつめられて、歯を食いしばっている人は、なんでもないひと言に、涙があふれるのだ。 『仕事運が強くなる50の小さな習慣』

  • 【思考が停止すると、体が動かなくなる。】 行動力が落ちるのは、体が動かないのではなくて、思考が停止しているということです。 『スピード自己実現』

  • 【人脈づくりは、人づくりである。】 友達をつくることは、自分の鏡を増やしていくということです。鏡がたくさんあればあるほど自分自身の姿を映しだせるのです。 『スピード人脈術』

  • 【頬に流れる涙だけが、涙ではない。外に流す涙と、内に流す涙がある。】 目に見える涙で、人を判断してはいけません。悲しそうな顔をせず、涙を外に流していないからといって、悲しんでいないわけではありません。 『 金言集』

  • 【あなたの人生は、移動ですか、旅ですか。】 移動の人にはマイナスの回り道も、旅の人には、楽しみになる。 『 金言集』

  • 【命令する人より、質問してくれる人の言うことを聞く。】 人を動かそうとしてつい命令をしてしまいますが、命令では人は動きません。 『あなたが動けば、人は動く』

  • 【「粘る」とは、チャンスをもらうことではない。相手にチャンスをあげることだ。】 相手が「イエス」と言えるまで、根気よくチャンスをあげましょう。 『生き直すための50の小さな習慣』

  • 【問題解決とは、「こうしたら?」→「やってみよう」→「今度はもっとこうしよう」の繰り返しである。】 解決できるという確信がなくても、とにかく試してみよう。 『なぜあの人は問題解決がうまいのか』

  • 【5連敗したら、5連勝で取り返そうとするな。】 後5連敗までして、その後10連勝するのだ。 『人生は成功するようにできている』

  • 【失敗したらどうしようと考えた瞬間から、失敗に向かって進んでいる。】 どうせなら、成功の心配をしよう。 『あなたに起こることはすべて正しい』





関連記事

西村博之

西村博之(ひろゆき)の名言集

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日) 日本の実業家。有限会社未来検索ブラジ

記事を読む

川上量生(ニコニコ動画・ドワンゴ)の名言集

川上量生(ニコニコ動画・ドワンゴ会長)の名言集

川上 量生(かわかみ のぶお、1968年9月6日) 株式会社ドワンゴの創業社長であり、現在は代

記事を読む

野原ひろし

野原ひろしの名言集

臼井儀人の漫画『クレヨンしんちゃん』に登場する架空の人物 主人公・野原しんのすけの父。アニメ版

記事を読む

Napoleon Hill

ナポレオン・ヒルの名言集

ナポレオン・ヒル(Napoleon Hill,1883年10月26日 - 1970年11月8日)

記事を読む

ノルウェイの森

ノルウェイの森等(村上春樹作品)名言

日本の小説家・村上春樹の長編小説。また、それを原作とした映画作品1987年9月、講談社から書き下ろし

記事を読む

夏目 漱石

夏目 漱石 の名言集

(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日

記事を読む

190659

あいうえお順に並べた人気の 名言集

人気の 名言を「あいうえお順に」並べてみました。あ行愛がもっとも気高くもっとも神聖な行為であるのは、

記事を読む

ニーチェ

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ の名言集

『フリードリヒ・ニーチェ』より : フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich W

記事を読む

Katsuya Nomura

野村 克也の名言集

野村 克也(のむら かつや、1935年6月29日) 京都府出身の元プロ野球選手(捕手)・監督・

記事を読む

永守 重信

永守 重信の名言集

永守 重信(ながもり しげのぶ、1944年8月28日) 日本電産の創業者 次男は、エルステッ

記事を読む





Message

Barack Obama
オバマ大統領の名言 演説

バラク・オバマとは? アメリカ合衆国の政治家。民主党所属。上院議

hillary-rodham-clinton
ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)の名言と迷言集 まとめ

ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clin

ドナルド・トランプ DonaldTrumpの名言と迷言集 まとめ

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump) ド

%e9%81%93%e5%a0%b4%e5%85%ad%e4%b8%89%e9%83%8e
道場六三郎の名言

料理の鉄人 日本の和食料理人 道場六三郎(みちば ろくさぶろう)

吉田沙保里
霊長類最強 吉田沙保里の名言

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年10月5日)は、日本のレスリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑

ブログパーツアクセスランキング