*

花火大会に行きたくなるコピー

公開日: : 最終更新日:2014/11/03 た~と, , , は~ほ , , ,


花火

ツイッターで人気のタグ #花火大会に行きたくなるコピーをまとめてみました

  • 夜空の花が枯れた瞬間、自分の片手に花が咲いた


  • 両手に花


  • 「」聴こえなくても花火みたいに真っ赤な顔から伝わるよ


  • 「…が綺麗だね。」花火の音でかき消した。


  • 「19時に。神社の階段の下で」


  • 「fireworks?」「花火。」「へえ、火の本業なんだなあ」


  • 「あ、あのさ。俺、お前のことが…」ヒュルルル~「う、うん…」ドカーン「…嬉しい///」


  • 「あの夏の思い出」、そんな陳腐な言葉を、私も口にしてみたかったのだ。


  • 「アン教授は言った。『これが宇宙で一番上手な火薬の使い方です』」「アン教授って誰?」「宇宙船サジタリウスのアン教授だよ!観てねえのかよ!」


  • 「え?なんの打ち上げ?」


  • 「お父さん、わたし今夜は遅くなるから!」


  • 「きれいだね」って君に言うための口実が欲しかった。


  • 「キレイだね」に二つの意味を込めた


  • 「この花火をみている全ての人が幸せになればいい」そう思い、彼は花火を打ち上げた


  • 「これが最後みたいだね」夜空に消えゆく花を見上げ 僕らの夏は今日で終わる


  • 「じゃ二次会しよっか?」と線香花火を握らせた。


  • 「たーまやー!」「かーぎやー!」なんて掛け合い、一人でやっても意味ねぇだろ?


  • 「どの角度から見ても変わらず美しい」と言ったのは、花火のことじゃないよ。


  • 「なんか、あそこで花火あがってない!」「え、うそ、どこどこ?」


  • 「ねぇ花火が終わったらさ、」と言う君の手を握った。


  • 「はぐれないため」そう言い訳して繋いだ手


  • 「はぐれないように」って差し延べた手に素直に応じる君を見られるのは、たぶん初詣以来だ。


  • 「はぐれないように」君と手を繋ぐ理由が出来るから


  • 「はぐれないように」差し出された手はふたりの導火線


  • 「もうあなたの顔なんかみたくない」と言いかけた私の時間を、あなた諸共、止め咲いた。


  • 「よつばしってるぞ!」「わかった、お前は何もわかってない」


  • 「わ、わたし、あなたのことが……」ドドーン「お、すげー。で、何だって?」「……知らない!」――大切な人の意外な一面が見れる、そんな機会かもしれません


  • 「わたしね、花火がよく見える秘密のスポット知ってるんだ」


  • 「炎色反応見たくない?」「花火大会に行きたいって素直に言えよ」


  • 「夏、花火、君と。」


  • 「花火、きれいだったね」「うん、そうだね(ごめん、明るくなった瞬間は君の横顔ばかり見ていたよ)」


  • 「花火っていろんな金属の炎色反応の色を使ってるんだよ!」と無邪気に話す彼の目に、理科少年らしさを感じた。


  • 「花火って爆発してるやんwwwwwwあいつらリア充だろwwwwwwwwww」「私もそろそろ爆発したいんだけどな。」「お、おう。」


  • 「花火と、大声競争しよう」


  • 「花火に行こう」って誘ったのは、浴衣姿の君を見たかったから。


  • 「花火の写真、ブレてるね」「でも浴衣は綺麗に撮れただろ?」


  • 「花火の赤ってリチウムじゃなくてストロンチウムなんだよっ(((o(*゚▽゚*)o)))」ってはしゃぐいか東に会いたい


  • 「花火を見に行こうよ」なら言えそうな気がする。


  • 「花火大会いかない?」ありったけの勇気で君に


  • 「空に決まってんだろ!」


  • 「君も花火になれる」


  • 「見て!あれ君のおっぱいみたい!」君にブッ飛ばされた淡い夏


  • 「好き」という声が聞こえた。花火で掻き消されてしまいそうな小さな声だった、けど俺には確かに聞こえた。「俺も」とそっと囁く。君の真っ赤に染まった耳がみえた。


  • 「好き」花火の音で聞こえなくて、聞き返したら強く抱きしめられた。


  • 「好きだよ」と その一言を轟音に隠れて呟いた


  • 「好きだよ」とか「愛してる」の言葉はいらないから、ただもう少しだけほんの少しこのままでいさせて。


  • 「好きだよ」はかき消され、僕は眩しくて目を細めた。


  • 「紅雀のやつ…こんな浴衣なんかよこしてきて。しょーがねぇから着てやるけどさ…あれ、これってどう着るんだ?」こういうことですか


  • 「今のきれいだねっ!」 「あ、うん。」ごめん、よそみしてた。あなたをみてたの


  • 「今の見た?!」って君の顔が、花火なんか吹き飛ばしてしまった


  • 「今日だけは月が綺麗じゃなくて良かった」とか。


  • 「今日はお母さんが、門限より遅くてもいいってさ。」嬉しそうに、君が咲いた。


  • 「今年がもしさいごだとしたら、どうかな」


  • 「手伝おうか?」そんな母の言葉を振り切って一人で頑張って着る初めての浴衣。上手に帯は結べたかな。髪飾りは変じゃないかな。急がなきゃ。駅のホームで君が待ってる。


  • 「終わっちゃったね。花火」と彼女。僕は「これから始めよう」と思っていた。


  • 「消えてしまう婚約指輪だけど、受け取ってくれる?」


  • 「場所取りお疲れ様!皆で来たのに任せちゃってゴメンね。はい、これ 差し入れだよ♪


  • 「人が多いし、声が聞こえづらいから。」君の手を握るための口実。


  • 「人混みではぐれると大変だから」そう言って差し出された手はしっとりと汗ばんでいた


  • 「多分携帯は通じないからぜったい離れないで」と言った。


  • 「打ち上げ一緒にいこうぜ。」


  • 「二度目の花火大会をうちの庭でしませんか?」


  • 「毎年やってるでしょ?飽きない?」「飽きない」「なんで?」「お前と見るのは初めてだから」


  • 「友達と行って、友達は恋人と帰った」


  • 「友達と行って、恋人と帰った」



  • 「浴衣、似合いそうだよね。 」


  • 「浴衣着たいなー」の意味、分かってる?


  • 「来年は一緒に来れませんように」と女3人で誓った夜。


  • 「来年も一緒に来ようね」締めくくりの大輪の花火を見ながら、君が呟いた。


  • 『すき…』 「なにぃ花火の音で聞こえなかったー!」 『好きだー!!!』


  • 『少なくとも――浴衣の奴らは、下着が見やすい』


  • 『友達といって恋人と帰った』ってホモかよwと思った俺は末期。女性の概念を忘れるほど現実逃避。


  • 『綺麗だね』って君に言われたくて、浴衣、着てきたんだ。


  • ……私も…抜けて来ちゃった////」


  • …ん?え?なんて?ゴメンもう一回言ってくr…は?ちがっ…ふざけてないって、マジで聞こえない。いやだって花火とか人混みがうるさk…はぁ?え、それは…あぁ!?全然聞こえないんだけど!?だから…はぁ、もういいわ…


  • …前に、花火のよう に生きたいって言ったよな。俺は花火のように大空に大輪の花を咲かせて、それで…


  • 1人で行ったら帰りは2人になった


  • 1年前からの約束を果たしにいこう


  • 1番綺麗な花は1番近くに咲いていた


  • 2012年物理チャレンジ受験者「やった音速はかれるwwwwww」


  • 2つの花火が重なって見えた瞬間、君の左手に、僕の右手を重ねた。


  • 2人とも目線は花火。意識は手に。


  • 67年前は爆弾だった


  • fireworksって言うだけあって、なるほど炎さん、いい仕事してますねえ。

  • LEDライトの光に飽きたら


  • ああ、こんなに自然に、手を繋げる。


  • アーティスト出演料が数千万円のライブに、あなたを無料でご招待します。


  • あいつらが花火大会でデートしていたあの日、俺は参考書を開いて必死だった。”


  • あげた髪を、照れていじる君と。


  • あなたが見ていたのはわたしの横顔だって気づいていたよ。


  • あなたが好きだって言った甚平を着ている理由、気付いてくれるかな


  • あなたと行った花火大会。あの息苦しさは、花火のせいだけじゃなかった


  • あなたの為に選んだ浴衣が見せたくて、


  • あなたの隣が一番よく見える


  • アナタは私の左手の薬指に焼き立てのタコ焼きをあてて「結婚しよう」って──無理だわー。普通に火傷したわー。


  • アナタは私の左手をとって夜空に浮かぶ大輪の花にかざし、「これより美しいものを、キミに捧げると誓うよ」と、囁いた。


  • あなたも行くと聞いたから。


  • あのSOS団がこの位置から花火を眺めた!行きたくなるというか聖地巡礼やね


  • あの音を聴くと、楽しいのに切ない。


  • あの音を聞かないと、夏は始まらない。


  • あの花火のように、僕の心にも「光あれ」と、草壁が思うのです


  • あの花火大会の夜、僕とキミの心に一つの花火が灯った。


  • あの空に咲く花、宇宙からも見えるかな。見えないかもね、だから地球にいるうちに見に行こう。


  • あの光はまるで君みたいだ


  • あの子の浴衣の柄は思い出せるのに、花火が思い出せない。


  • あの子の浴衣姿が見れる。


  • あの時の君がいる


  • あの色は炭酸ストロンチウム


  • あの人の、甚平姿がみたい。


  • あの日、一緒に行った花火大会を覚えてるかな


  • あの日引いた恋人の手が妻の手に変わっても、空を染める華は相変わらず美しかった。


  • あの日見た景色と、変わりませんでした。【もばしば】


  • あの日離してしまった細い手を、人ごみに消えた後ろ姿を、僕はまだ探している。


  • あの娘の浴衣…


  • あの夜、花火だけが僕たちを照らしてくれた。


  • あの夜空の下、あなたと一緒に見たいんだ


  • アパートの屋上でひとり見た花火は、あまりに小さく、あまりに儚いものだった。


  • あれがてめぇらリア充の末路だよ!!


  • アンコールの線香花火は、二人きりで。


  • あんず飴


  • いくつになってもドピューン


  • いそのー 花火大会行こうぜ!


  • いつから花火が打ち上がっていると錯覚していた?


  • いつか見上げた夜空の大輪そっと繋いだ手の温もり


  • いつまでもあると思うな街祭り


  • いつまで君を肩に乗せることができるだろうか?


  • いつもどおりの休日出勤。「花火大会なう!」TLには常ならぬ笑顔の花が咲く。・・・気付けば、路線を調べてた。まだ、フィナーレには間に合いそうだな。


  • いつもとは違う空を見に行こう


  • いつも私を見下ろす君の、見上げる顔が初めて見えた。


  • いつも私服だったし、今年は浴衣でも買ってみるか。


  • いつ手をつなぐかに必死で花火のこと覚えてないから、今年もまたいっしょに手つないで見にいきたい。


  • う…撃たれたぁァ…


  • うなじの麓まで毛びっしりはえてるね


  • おうちに帰るまでが花火大会だから、ちょっとコンビニで花火とチャッカマン買おうそしてまた帰りたくなくなるのです


  • おっぱいが いっぱい


  • おばあさんが私に着せてくれたのは、おばあさんが大事にしていた浴衣をリメイクしたものでした。今では私がおばあさん。勿論孫にあげるのはリメイクした浴衣。なぜならば彼女もまた、特別な存在だからです。


  • おばあちゃんがお母さんに教えた、花火のよく見える田舎道。お母さんがわたしに教えてくれた田舎道。今度はあなたに、教えてあげたい。


  • オリックスバファローズの試合に行こう!


  • オレンジ色の電球。エンジンの軽い音。揺れる水面を泳ぐ金魚。赤や青や黄に目まぐるしく変わる、夜空を見上げる君の横顔。


  • お一人様だって珍しくないんだよ?


  • お花見に行こう!


  • お空に散った花火はね今夜良い子の夢の中でずっと咲くんだよ。


  • お小遣いをねだる子供


  • お星様ごめんなさい。一夜だけ、夜空をください。


  • お前の瞳に映る花火の方がきれいだよ。ついでに、僕の下半身も爆発してるんだ。


  • お前の浴衣姿、見てみたいって思っててな。


  • お転婆な彼女と生真面目な彼氏の、少し微笑ましい8月の情景隅田川夏恋歌


  • かき消されたのは言葉か、鼓動か


  • かき氷1杯200円焼きそば1皿400円二人分の席0円ひと夏の思い出price less.


  • かき氷は食べた。わたあめも食べた。さぁあとは何をしようか。答えは夜空が出してくれた。


  • カメラのいらない思い出つくろう


  • カランコロン。『ほら、はぐれるよ』「うん」僕たちはうつむきながら、でも繋がっていた


  • かわいい、じゃなくて、きれいって言ってみたい。


  • かわいいと言わないけれど上がる口元


  • がんばったあなたに、特大の打ち上げを。


  • が色々出回ってるけど、何でみんなそんなに彼氏彼女ベースで考えてるんだろうそれじゃあ視野がせまいぜ


  • キスをしよう 今なら大玉 気付かれない


  • きっと聞こえないからおっきな声で言えるんだ「君とこれて僕は幸せ者です」


  • きっと僕らは 花火越しにもっと遠くを見ている。


  • キミがボクの手を握り返してくれた時、ボクの中で大きな花火が打ち上がったんだ


  • キミと始めての夏が始まる。


  • キミの浴衣をライトアップ


  • ぎゅっとして、どかーん。


  • きれいだね 花火じゃないよ 君がだよ


  • きれいな花が戻れないあの日を照らし出したを考えてください


  • クラスのやつらにばれてもかまわない。


  • こっそり、横顔ばかり見つめていました


  • こっちを見ないでよね隅田川


  • コナン「偶然その花火大会に来ていた俺たちは」


  • このコピーいいなぁ…素晴らしい。「友達と行って、恋人と帰った」


  • このタグきゅんきゅんやあ~


  • この一瞬を、ずっと隣で見ていたくなる。


  • この花火の音に負けないくらい、私の胸を高らせてみせて。


  • この響きは画面越しじゃ味わえない


  • この鼓動は花火のせいか 君のせいか


  • この高鳴る胸の鼓動を、どうか隠してくれませんか


  • この人ごみだけ、許せる。


  • この日だけはベランダが騒がしい


  • ごらん、リア充が爆発してるよ


  • これはすてき。 RT 花火の花言葉ってなんだろなあと言ったら、「口実」と君が小さくつぶやいた。


  • こんなに好きなんです


  • こんなに大きな音だから、告白も恥ずかしくないね。


  • こんな大輪、みたことがないでしょう?


  • コンビニでアイスでも買って、少し離れたところから花火を見るのもいいんじゃない?


  • こんぺいとうが空を飛ぶよ。今なら僕も飛べる気がするよ。キラキラ輝く君の目の中。


  • さぁ、はじけようぜ!!


  • さあ、顔をあげて!!れっつふらい!!


  • さぁタコ焼きを食べよう!


  • さあリア充ども、覚悟を決めろ。


  • じゃ、オレも浴衣で、


  • じゃあいつ行くのか? 今でしょ!


  • ジンジャーエールが弾けるような、そんなキラキラした音と共に散る大きな花火も、私の隣にきっといるあなたも、一生に一度の夏の記憶に、きっと憶えてるからね。


  • スーツで帰る僕とすれ違ったのは、浴衣姿のあの日の僕と妻だった。


  • ずっと花火が上がっていたら皆が上を向いて歩けるのにね


  • ずっと空を見上げていたいわけじゃないんだ。


  • ずっと見とれてた。夜空じゃなくて、浴衣の君に。


  • スローモーションの景色と裏腹に、どんどん加速するぼくの鼓動。


  • せめて会場で食えw


  • そうだ、花火を見よう


  • そうだ、花火大会にいこう。


  • そうだ、花火大会へ行こう。そして女の子をひっかけよう。


  • そこで、はじめてキスをした。


  • そこにいたのは、いつもとは違う君だった。


  • その一瞬が、君と僕の間で永遠となった。


  • その一瞬を過ごしたい、あなたと。


  • その音を口実に君に寄り添い耳元で話した。


  • その時だけはなんでも言える気がした。


  • その瞬間、二人は確かに同じ場所を見ていた。


  • その鮮やかな爆発を、日本では花火と呼んだ


  • ソラガキレイ。キミガキレイ。


  • たこ焼き一緒に食べよっか


  • ただそこに在るだけで綺麗なのは、君と同じだね。


  • ただ単純に好きなだけ。


  • たった一瞬の永遠の思い出 世界で一番、儚くて美しい花


  • だって、寂しくなってしまうから


  • たとえ一万発の花火よりも、君と交わした一度だけの会話のほうが嬉しい


  • ダビリマスカ?


  • たまには何かを見上げてみたくないかい?


  • だんごもあります


  • ちなみにめっちゃ笑ったコピーは”一人で行って、たこ焼きと帰った。”


  • チャリで来た


  • チョコバナナが待っている


  • ちょっとりんご飴が食べにくい。僕の利き手は空いてない。


  • ちょっと事変の歌詞から借りてます


  • どうせなら、派手に散りたかった。


  • ドーンでバーンだぜ?


  • ドカーンと一発 やってみよーうーよー


  • どこから見ても丸い花火だけど、どうせなら一緒に見たいなって思います。


  • ドラゴンよりデカい夢みせてやるよ


  • ドン、ドン、という音が、ドン、ドン、ふたりの距離を縮める。


  • どんっ、どんっ、と花火が鳴って、私の胸を叩いた。次、次で、言おう。


  • ドンドンドン。どれだけ大きな花火よりも二人分の鼓動が鳴っていた。


  • どんどんぱふぱふ~”


  • ドンと打ち上げる音がした。僕の心はぽとりと線香花火のように落ちた。


  • ドンと鳴り心震えて開く目に君の横顔ネガに焼き付け


  • どんなコピーを考えても、これには勝てない。すごいコピーだなと思う。 「友達と行って、恋人と帰った」


  • どんな花火を見たかは覚えていないけど、君と見たことは覚えている


  • どんな人混みの中だって、君だけは見つけられる気がした


  • と微笑を浮かべた病室の女の背後に、大輪が打ち上がった


  • なぁ!近くで花火観ようぜ!


  • ナマの迫力重低音


  • なんと美しい化学変化でしょう


  • ねえ、花火と私どっちが綺麗?


  • はかない。


  • はぐれたくなくて咄嗟に手を掴んだ


  • はぐれたら面倒くさいから手を繋いであげてるんだからね!勘違いしないでよね


  • はぐれた私を呼ぶ声が、初めて下の名前を呼んだ。


  • はぐれないように、そっと手をつないだ。


  • はぐれないように繋いだ手を僕たちは離そうとしなかった


  • はぐれないように手をつないだ


  • はじめはみんなで。 次はふたりで。 今年は3人で。


  • ハフッハフッ!! ヤキソバウマッ!! あ、ホットドックも食べたい!!


  • ぱらぱらと頬に散る、夏の花火に口付け隠して。


  • ばれないように、横顔見れる


  • バロテッリにも教えてあげたい。


  • ビールを片手に嫌なことを忘れにいこう


  • ビール片手に、たーまやー!!


  • ヒトが生み出したものが空の主役になる夜


  • ひとつの花火に何百もの想い。


  • ひとりぼっち、響く音だけを聞きながら。きみといた夏を思い出した。


  • ひと見知りのわたしが、知らぬ誰かと今日だけ騒ぐ


  • ヒマワリみたいにみんな同じほう見てる


  • ヒューーーーーパーン!!ヒュルルルルルルーーパーン!ドンガラガッシャングッシャンドゴーンヒャウウォン!ヒャウーウォン!シュプルルフェヒーーーーーハーーーーー!!ドッガン!シュールルルルシュル!テーフロンカッコー!イェーー!


  • ヒューン…ドッカーン!ガッシャーン!!バラバラ…。


  • ひゅるひゅるひゅる~ドーン!ぱらぱらぱら…


  • ひゅるる、っと花火が上がるのを僕らは見つめていた。君といるとずっとそんな気持ちだ。だから、今夜は咲かせよう。


  • ビルの向こう側の明るさが焦れったい


  • フィナーレは音でしか楽しめなかった 向かい合って目をつむっていたから


  • ふと隣の君を見た今、心で「ドンッ」って音がした。


  • ふみっこは今日もオナニーをせずに寝ます


  • ぼくはきみの「NO」を聞かなくてすむ


  • ポロリもあるわよ!


  • ほんのりと香る火薬の匂いを感じた。夏が終わる音がした。


  • また一緒に行こうね。夏はやっぱり花火


  • また音だけでいいんですか?


  • また君の浴衣姿がみたいから、今年こそ僕から誘おう


  • みんな、その一瞬は、空を見上げてた


  • みんながいる時に君を見つめられるのは、みんなが空に夢中になってるあの時だけだった


  • みんながみんな、上を向いて歩く。


  • みんなが花火をみている間にこっそりと手を繋いだ


  • みんなが空に夢中だった時、僕はとなりが気になってしょうがなかった


  • みんなが空を見上げてるとき、僕は君の手を見下ろしてた


  • みんなが空を見上げてるなか、僕らだけは見つめあっていた


  • みんなが上をみてるあいだに。


  • みんなで行こうと誘い、わざとはぐれてふたりぼっちで見上げる空


  • みんな空を見ている。君も空を見ている。僕はそんな君を見ていた。


  • みんな上を見ているのに、僕は横ばかり見ていた。


  • みんな上を向いて笑ってる


  • みんな同じ空を見てる 不思議な一体感


  • メンマを成仏させてあげよう


  • もう少しだけ 君の横顔をばれないように見つめていたいから 夜空の華がゆっくり散ればいいのに


  • もっとも星に近づける夜


  • やーみをてーらすほーしーよ とおくうたううみよ であったふたりのみらーいをーえいえーんにちかーって伝ファン専用(?)コピー(コピーちゃうし)


  • ヤるのは諭吉


  • ゆかた


  • ユカタチャンネーパイイツのショバでオイニーカギダイホー


  • ゆさが貴方の顔面目掛けてロケット花火を設置中


  • よっしゃあぁぁ!!!あんなこともこんなことも全部打ち上げろ!ぶっとばせぇえぇぇ!!!!


  • リアカー無きK村に動力に馬力借るとするもくれない


  • リア充、爆発しろ!!


  • リア充が爆発するのを見に行こう


  • リア充を、爆破しろ。


  • リア充打ち上げダァァァァァ!!!


  • リチウムが爆発すると


  • りんごあめ。


  • レンズのピントが、花火には合っていない。


  • わざと、みんなとはぐれた。きみとふたりになりたくて。


  • わたしはね花火より花火を見て微笑んでる人を見るほうがうんと幸せなんだ。そう呟いた人のことをボクは一生忘れないだろう


  • ワンダフルだドン


  • を考えてください


  • 握りこぶし大でも悪くない。今年は近所の高台から、2人でゆっくり花火を見よう。


  • 暗がりにリア充が集まる、数少ない機会花火を用いてリア充爆発だ!


  • 暗闇の中で、一瞬だけ輝いた。


  • 闇夜の空に火花散ったなら 1歩たりと引けはしない戦いの合図だ


  • 闇夜の空に花火散ったなら 一歩足りと引けはしない戦いの合図だ(俺も男だ戦場に行くんだ…!)


  • 一尺玉一発6万円、大きな二尺玉だと一発60万円。一万発の中規模花火大会で計5000万~1億円。入場料0円。


  • 一瞬だから余計、きれいだよなあ。


  • 一瞬だけでいいから、君と一緒に空を見上げたいんだ


  • 一瞬で咲いて一瞬で散る今ここでしか咲かない華がある。


  • 一瞬で散ってしまう花よりも ずっと隣でそっと咲いてる花がいい


  • 一瞬で世界が変わる気がした、今、その瞬間を


  • 一瞬の光に、一生の愛を


  • 一瞬の静寂の後、空と心に花が咲いた


  • 一瞬の明かりの中に、照れ笑いした君を見つけた


  • 一瞬を、永遠に。


  • 一瞬を刻みつけに行こう。


  • 一瞬映る優しい横顔に見とれて


  • 一瞬君の横顔が光った一生の恋の始まりだった


  • 一緒に花火を見たいです。厚かましい願いではありますが、貴女とふたりで。阿部真央の曲から一部ピックアップ


  • 一緒に花火を見たいです。厚かましい願いではありますが、貴方とふたりで。阿部真央の曲から一部ピックアップ


  • 一緒に空見てても、ぜったい離しちゃだめだよ?


  • 一緒に見たいと思い浮かんだ人があなたの大切な人なんじゃない?


  • 一緒に行く人がいない


  • 一緒に爆ぜよう


  • 一緒に未来を咲かせよう


  • 一人で行って、たこ焼きと帰った


  • 一人で行って、一人で帰った


  • 一人で行って、帰れなくなった


  • 一寸後既に女の手を引いていた


  • 一世一代のあたし、あげます。


  • 一千連発流れ星


  • 一等当選金は1億円!


  • 一日だけの、ぼくと君との、夏休み


  • 一日だけの、君とぼくとの夏休み


  • 一年に一度くらいは浴衣を着たいものです。


  • 一年に一度しか見られない花がそこにある


  • 一年の間溜まったイライラを、何千発と爆発させて貰うのです


  • 一番良い場所、こっそり教えたげる。


  • 一夜限りの光の展覧会


  • 溢れる色、夜に映る光、微かに流れる火薬の匂い。


  • 逸れないようにと手を繋ぎ、見上げた空に消えた一瞬の花を想う


  • 永遠を否定してみませんか?ここには、一瞬しかありません。


  • 炎色反応って、素晴らしい。


  • 炎色反応の観察でもしようか


  • 煙くさいよ


  • 遠くからの音だけで、鮮やかにうち上がる思い出


  • 遠くから音がする。外を見れば夜の空に大輪の花が咲いていた。遠くからじゃ分からない、もっと近くで見よう。君と一緒に。


  • 遠くに聞こえる花火の音を聞きながら、私は窓から星を眺めていた。


  • 横顔に ちりりと閃光の灯る夜


  • 岡本太郎は言う。芸術は爆発であると。


  • 屋上では皆で。河原では2人で。


  • 俺がお前に打ち上げる


  • 俺の花火上げてみない?


  • 音だけが聞こえるのが一番辛いから


  • 音だけで夏。


  • 音に驚いたって言い訳して、君の手をぎゅっとする


  • 音に消されたプロポーズ


  • 音に誘われ、光に誘われ、君に誘われる。


  • 音の鳴る。体がはずむ。


  • 音速の響きよりも、光速の輝きよりも、速い思いを届けた。


  • 下駄じゃ歩きにくいでしょ、ほら


  • 下着、つけてないです。


  • 何よりも華やかすぎて、手も繋げなかったんだ


  • 可愛い浴衣の君に照ながらも足早になった 歩きづらそうにする君の手を取りたくて


  • 可愛い浴衣を見て、真っ先に思い浮かんだのはあの人のこと。


  • 夏が、夏が終わってしまう前に


  • 夏が、終わる。


  • 夏が、終わる。この恋は、これから始まる。


  • 夏が終わってしまう前に。


  • 夏しよう。


  • 夏だ!浴衣だ!!神機使いだ!!!


  • 夏にも花見


  • 夏の口実


  • 夏の星座にぶらさがって


  • 夏の星座にぶら下がって上から花火を見下ろしてby aiko


  • 夏の導火線は長い方がいい


  • 夏の夜は明るくなります。


  • 夏は、空にも花が咲く


  • 家で1人で聴いてると、ただの騒音ですよ?


  • 家にいてドンドン音が鳴っているのをひとり聞くのは寂しすぎる


  • 家に帰るまで、蚊に刺された足に、気付かなかった。


  • 家族が一人増えた


  • 河原で寄り添って上を見上げている 人人人が いっぱいだね


  • 火の花ではなく、花の火。


  • 火薬のにおいと、夏の香り


  • 火薬のにおいをまとって、今年も夏がやってくる。


  • 火薬の匂いが染み付いたから、少し歩こうか。


  • 火薬の匂い吸いにいこうよ!


  • 花のなかでも散らずに消えるのはコイツだけですぜ


  • 花の音にいくつもの「すき」がまぎれる


  • 花は散って、そのかわりにきみをひきとめた。


  • 花より、団子より。


  • 花より団子。花火より君の浴衣姿。


  • 花火、きれいだね。


  • 花火「見ろ!人がゴミのようだ!」


  • 花火「大会」の優勝者は、いつだって僕達だ。


  • 花火いこうよ、なんて、遠回しな告白だと思う。


  • 花火ウェーーーーイwwwwwww


  • 花火があがっている一時間。君にどう伝えようか考えてばかり。


  • 花火が咲いた、恋も咲いた


  • 花火が咲いて、恋が実った


  • 花火が散って、恋が咲いた。


  • 花火が上がった瞬間、目が合った。


  • 花火が上がるその瞬間に あなたの顔が見える


  • 花火が上がる瞬間が好きだ。君が見えるから。


  • 花火じゃなくて、わたしも見てよ。


  • 花火じゃなくて、君の浴衣姿に目を奪われる。


  • 花火って、似てるよな。きっと、宇宙から見た僕らもさ、花火みたいなんだと思うんだよな。


  • 花火で聞こえないフリをしたしたキミの気持ちホントは届いていたんだよ・・ありがとう


  • 花火とともに赤い実がはじけた


  • 花火と一緒にこの気持ちも咲いてほしい


  • 花火と共に打ち明けた気持ちは、消えることなくあがり続けた。


  • 花火と共に爆発しろ と言われるようなふたりになりたい


  • 花火と共に僕も発射した。


  • 花火なんだ火花ではなく。これは確かに花火なんだ。明日の命をもしれない彼らにもいつかこんな日が訪れんことを。せめてひと時思ってみたい。


  • 花火にしか照らせない表情がある


  • 花火に見とれたふりをして、あなたの横顔を盗み見る


  • 花火に見とれてる皆のうしろで、そっと手をつないだね


  • 花火に見惚れる君の横顔、僕は何も言わずにそっと手を握る。


  • 花火に照らされたキミの横顔、イチゴのカキ氷より甘いキス。


  • 花火に照らされる君が見たい


  • 花火のように綺麗に散るバカップル見に行こうぜwwwwwwwwww


  • 花火の煙で喘息→看病→そこから始まる恋がある。


  • 花火の音か、こころが射抜かれた音か。


  • 花火の音がうるさいことを言い訳に、君の耳元に顔を近付けた。


  • 花火の音で心に嘘をつく


  • 花火の音で聞こえないから、いつもは言えないけど、今だけ言うね 好き。


  • 花火の音で聞こえないから、本当の気持ちをそっと伝えた。


  • 花火の音で聞こえないけど君が大きな声で好きと言った


  • 花火の音で聞こえなければ、片想いのままでいられるよね。


  • 花火の音なんかより、胸に響いたあの二文字


  • 花火の音に、きみに伝えたい言葉をこっそり紛らわせた


  • 花火の音にかき消された、いつもより速い僕の鼓動。


  • 花火の音にまぎれるように呟いた「すき」


  • 花火の音に隠れて君への想いをつぶやいた


  • 花火の音に紛れさせて「スキ」といった


  • 花火の音に紛れた「好き」


  • 花火の音のせいにして、聞こえないふりをした。


  • 花火の音より大きい、心臓の音。


  • 花火の花言葉ってなんだろなあと言ったら、「口実」と君が小さくつぶやいた。


  • 花火の花言葉は「私の希望を叶えてください。」


  • 花火の光が、君の顔色を次々に変えていく。


  • 花火の光が映った、君の横顔が綺麗だった


  • 花火の光で見る君は別人のようだった


  • 花火の合図に手を握る僕等


  • 花火の昇る音に僕の気持ちを重ね、そして大輪が咲いた


  • 花火の人ごみの中はぐれないようにとキミの手を握った


  • 花火ばかり見てないで少しはこっち向いてよ


  • 花火はつまみ、酒は別。


  • 花火ぱらぱら 君きらきら からから笑って距離縮む


  • 花火は一瞬でも、思いは末長く


  • 花火は口実。


  • 花火は上がる。 君は落ちる。


  • 花火みたいな恋でした。


  • 花火も綺麗だね。


  • 花火よ!悪いが今日のお前は引き立て役だ!


  • 花火より、あなたが見たくて


  • 花火より、花火に夢中で虹色に照らされる、笑顔の君を見つめていた。


  • 花火より、彼女の浴衣姿が僕に祭りを明るく映した。


  • 花火より花火を見上げてるあなたの横顔を見上げたい


  • 花火より君の横顔に見とれていた


  • 花火を一緒に観て、一緒に楽しみたい


  • 花火を一緒に見たカップルは別れるってよ~リア充殲滅戦


  • 花火を観ながら友達と金魚すくいをしよう。帰ったらスイカを食べよう。夏休みはまだまだ始まったばかり


  • 花火を見つめる君の横顔を、そっと眺めた


  • 花火を見ていたけど、君に触れたい気持ちでいっぱいだった。


  • 花火を見て嬉しそうな君の横顔を、一番近くで見たいから


  • 花火を見ることはできなかった。無邪気に見上げる横顔が、あまりにも素敵だったから。


  • 花火を見るふりをして、君を見た。


  • 花火を不機嫌そうに見る人は居ない。


  • 花火見ろよボケカス


  • 花火咲き、恋の蕾を、照らし出す、花火消えのち、恋花咲かす


  • 花火大会が終わって思い出に残ったのはキミの横顔だけ


  • 花火大会が終わりに近付くにつれて、互いに繋いだ手の熱さと鼓動の速さがリンクしてるのが判る快感…》


  • 花火大会って、人が馬鹿みたいに多くて肩がすぐにぶつかっちゃうし、人波に押されて迷子になりそうになるから手をつながなきゃだし、音がうるさくて耳に唇が当たりそうなほど近づいて話さなきゃいけないから──大好き。


  • 花火大会で大切な人に出会えました!


  • 花火大会なら私の鼓動の速さも、分からないよね


  • 花火大会に行かないとあなたは不幸になります


  • 花火大会に行くと1000円もらえる


  • 花火大会に行く娘が浴衣を着るのを手伝う。あら、いつの間にこんなに大きくなったのかしら。


  • 花火大会に誘ったのは、わたしの心臓の音が、あなたに聞こえないように


  • 花火大会の後にHを期待している女性は6割


  • 花火大会の時さみしそうにしているしおりさんを見つけて尾行すると、花火大会後しおりさんと成瀬さんの天使カップルが独自で花火大会をする様子が伺えます。


  • 花火大会の夜、少女達の頬は二度赤く染まる。


  • 花火大会中止のお知らせ


  • 華が咲いた。40cm離れた心臓が同期した。


  • 華の光に照らされる君の横顔をずっと眺めていたかった


  • 華やかな夜空に見とれてる隙に、君の手をとった。


  • 蚊取り線香もぐもぐうまい!蚊取り線香もぐもぐうまい!蚊取り線香もぐもぐうまい!蚊取り線香もぐもぐうまい!蚊取り線香もぐもぐうまい!蚊取り線香もぐもぐうまい!蚊取り線香もぐもぐうまい!蚊取り線香もぐもぐうまい!蚊取り線香もぐもぐうまい!


  • 会話は無いけど 空を見ながら、多分同じ気持ち


  • 皆が花火を見上げている間だけ、手をつないだ


  • 皆で一斉に顔を上げて、空の芸術を見ようじゃないか


  • 皆の視線が空に向かう今、僕は君にキスをする。


  • 汗ばんだうなじが見れるよ


  • 帰りの電車はめちゃくちゃ混んでるらしいからさ。


  • 帰りの電車もはぐれないでね。


  • 帰り道、遠くで、花火の音が聞こえた


  • 帰り道はいつもパパの背中がうれしい


  • 帰宅したあとの静けさが、あの人を恋しく思わせる


  • 季節外れのお花見に行きませんか


  • 貴女を彩る贅沢な照明。


  • 貴方と一緒にいるから、美しいと思うんだ。


  • 貴方と蛍を観て、花火を見上げて、お祭りで笑って、そして夏が終わる…今年も。


  • 貴方のために浴衣にしてみたよ


  • 起爆剤ってこのことだったのかも。


  • 輝きは一瞬だけど、感動は永遠に


  • 輝くってなんなんだろう?注目されるってなんなんだろろう?ボクは今年闇を確かめに行こうと思う。


  • 久しぶりにあったあの子は、一人の女性になっていた。


  • 泣いたのは、花火の美しさのせいじゃなかった


  • 泣き出す子供も、いちゃつくカップルも、酔ったおっさんも。さわぐ学生も、普段はどこかに行ってほしいのに、今日はこんなに愛おしい。


  • 去年、探し回った浴衣の君を、 今年は隣で見られるなんて。


  • 去年、恥ずかしくて浴衣着れなかったんだけど。今年は着てもいいかな。


  • 去年きみが褒めてた他の子の浴衣にそっくりな、水色の浴衣を買った。


  • 去年の夏の思い出は、丘の上に立つ君の形に切り抜かれた花火


  • 去年はさ、君の笑顔の咲き始めが、見られなかったから。


  • 去年は仲間で来た川辺に、今年は二人で来た。


  • 去年は二人で来た川辺に、今年は三人で来た。


  • 去年は僕が隣にいた。今年はあいつが隣にいる。だけどこうやって、何回も君と目が合う。僕は勘違いしてもいいの?


  • 去年は友達として一緒に行った君と、今年は恋人として行く花火大会。


  • 去年は恋人と、今年は妻と観た花火大会。来年は家族で観る事になりそうだ。


  • 卿にこの花を送り、感動をもらおう。


  • 橋の上、たまや、たまやの声ばかりなぜか鍵屋と言う情もなし


  • 金魚すくいに夢中になってる、君の浴衣の裾が濡れてる


  • 金魚入りの袋を透かして、あなたの顔を盗み見たの。


  • 愚民共から掏る財布


  • 空から降ってきた拍手が僕の背中を押した


  • 空にきらめき、胸にときめき。


  • 空にしか 咲かない花がある


  • 空にでっかい花が咲く。君にも笑顔の花が咲く。


  • 空には科学が咲かせた花畑。 隣には僕が咲かせた恋心。


  • 空に光の花畑


  • 空に広がる花火が綺麗。君の瞳に映った花火は、それよりもっと綺麗。


  • 空に咲いた華のように、僕らの恋も咲き誇ればいい


  • 空に咲き誇る儚き夢の花


  • 空に咲く花と同じくらい、君の横顔も綺麗だよ。


  • 空に咲く花は一瞬。あなたとの思い出は一生。


  • 空に咲く花を見に行こうそれは大地に咲く花よりも儚い命の光


  • 空に咲く華を見るとき 人はみんな子供にかえる


  • 空に咲く大輪の花を君に捧げよう


  • 空に夢中な君の顔を眺めてた


  • 空に落書きしませんか?


  • 空の花火より、あの子の瞳に映った花火の方が百万倍きれいだった。”


  • 空の花畑に遊びに行こうよ


  • 空の青少年の主張、とくと見よ!


  • 空は明るくなっていた。君は赤くなっていた。


  • 空を見ているふりをして、花火に照らされる君の横顔をずっと見ていた


  • 空を見るだけで涙がこぼれる。君を見るだけで気持ちが溢れる。


  • 空を見上げて、隣を見る。そんな光景が何百とある空間である。


  • 隅田川、一歩間違えると、三途の川


  • 君が俺という火薬に火を点けた


  • 君が花火に見惚れていた時、僕は君に見惚れていました。


  • 君が花火を見ている間に、君の横顔を目に焼き付けた。


  • 君が花火を見ている時に、その君の横顔を見ていた


  • 君が居た夏は遠い夢の中~、口ずさみながら運転する


  • 君という花が、僕に火をつけた。


  • 君との花火も打ち上げたいな…//////


  • 君とみた、夜空に咲く大輪


  • 君と花火を行ったり来たり


  • 君と観るから、綺麗


  • 君と共有できる夏は三ヶ月続いても、この花火は三秒だから。


  • 君と偶然すれ違った僕


  • 君と向き合った瞬間、花火の音が消えた


  • 君と手を繋いで帰り道。耳の奥では花火の音と君の言葉がまだ響いてる。


  • 君と手を繋いで歩く、初めての夏。


  • 君と眺めるまではただの炎色反応だって思ってたのに


  • 君に何て伝えようかずっと考えてた。だけど、花火の下では言葉なんか要らなかった。


  • 君に会う、口実ができた


  • 君に会える。


  • 君に見せたい夜空がある。


  • 君の横顔ばかりで、花火の記憶がない。


  • 君の嬉しそうな顔が、空を彩る花と同じくらい綺麗で


  • 君の視線は夜の空、隣の僕は上の空


  • 君の笑顔、声、涙、におい、全てが映る空。


  • 君の笑顔が夜空に咲いた


  • 君の瞳に、夏が映っていた。


  • 君の瞳に映る花火、恋に落ちる音がした


  • 君の瞳の中に映る花火は、今までに見たどんな花火よりも綺麗だった。


  • 君の白いうなじが、色とりどりに染まる


  • 君の目に映る光はきっと僕がいつまでも・・・なんだっけ


  • 君の浴衣がみたいんだけど


  • 君の浴衣で泳ぐ金魚を、今年こそつかまえたい


  • 君の浴衣姿を、花火の間は自分だけが見ている優越


  • 君の隣で花火なんて見てる余裕、なかった


  • 君は花火を見ていたから、僕は君を好きなだけ見ることができた。


  • 君は花火を見ていたから、僕は君を好きなだけ見ることができた。


  • 君は笑顔でこう言った。「きれいだねっ!!」 僕の中でなにかがはじけた。


  • 君への想いを込めた言葉も数秒遅れて君に届いた


  • 君を見る口実ばかり考えていた


  • 君を打ち上げたい


  • 繋いだ手が、花火よりも大きくあたたかかった


  • 芸術は爆発だ by岡本太郎


  • 芸術は爆発だ!


  • 激しく響く心音を、打ち上げ花火が隠してた。


  • 結い上げた髪の君と共に夏を噛み締める刹那


  • 見えないだろうと私を抱き上げた手をまだ覚えてます。もう無理だななんて笑うけど、大好きな手はずっと変わらないままです。二人で花火なんて何年振りかな、お父さん。


  • 見つめていられる綺麗な横顔。


  • 見るのはタダだ。


  • 見上げた空と、見つめた君と。


  • 見上げてほしい、散る瞬間


  • 見上げれば、炎色反応の夏。


  • 見上げれば大輪の華、隣には、あなた。


  • 鼓膜を震わす音と体に染み付く煙の匂いが思い出になる


  • 五感で感じろ!世界に誇る職人技


  • 五歳のときは轟音で泣いた 十五年ぶりにリベンジしよう


  • 光、そのあとに音。


  • 光が音を置いて行く


  • 光と音の間の時間で二人の距離が逆算できる


  • 光に照らされた君の横顔があまりにも綺麗で


  • 口実はできた。後は、心の準備だけ。


  • 好き、きら、きらきら、好き。


  • 好きだ、なんて言えないから いまのぼくには「花火見に行こう」が精一杯


  • 好きだよって言っても、花火の音で届かない


  • 幸せそうな顔をして歩く人々


  • 紅い兵児帯を締めて歩く。


  • 紅潮したキミの頬。


  • 行きの車中で喧嘩した。帰りの車中でキスをした。


  • 行きは恥じらう友達同士 帰り道には恋人に


  • 行く人のながれは絶えずして、しかも常の心あらず。カラフルに舞う泡沫は、かつ消えかつ結びて久しくとどまることなし。


  • 行ったことないから連れてって。


  • 降らないで、降らないで、貴方と夜空の花が見たいから


  • 高校生の時はクラスメイトと、大学生の時は恋人と、そして今は妻と…10年続いた二人の大切な習慣も、来年からはもう一人加わって、いままで以上に素敵な習慣になる。


  • 高鳴る夏の鼓動


  • 黒いキャンバスに描かれる絵を見に行こうよ


  • 今だけは、君の瞳に僕は映らない。


  • 今週?愛知。


  • 今宵限りの、刹那の華を見に行こう。


  • 今度 二人で夜空を見上げるのは 雪の降るクリスマスで ありますように…。


  • 今日だけは、妻でもなく母でもない、少女の君と出かけよう。


  • 今日だけは停電してほしい。


  • 今日の主役は花火じゃない


  • 今日の夕飯はなにかな


  • 今日はビール、飲んでもいいってさ。


  • 今日は近くで化学が体験できるらしいよ。


  • 今日は月の代わりに「花火が綺麗ですね」


  • 今日は上を向いていたいんだ


  • 今日ほどうなじを追いかけても誰もとがめない日なんてない


  • 今年、私の手をひいてくれる人は、パパじゃない。


  • 今年おろしたばかりの浴衣に、


  • 今年から隅田川の花火を見下ろせるようになったね


  • 今年こそ、きっと。


  • 今年こそ花火になりたい


  • 今年の夏も、空には炎、下には笑顔の花が咲く。


  • 今年の花火大会には行くな。 絶 対 に 行 く な よ ?


  • 今年の君の隣には誰がいるの?


  • 今年は花火とかダりぃから行かn…_人人 人人_


  • 今年は重軽傷者8名だってさ


  • 今年もE233系が松本にやってくる。


  • 今年もまた、花が咲いた


  • 今年もまた、花火の音にかき消されて伝えられなかった。・・・仕方がない。来年もまた、ふたりで来なくちゃね。


  • 今年限定!ハイパーエクストリーム花火が見れるぞ!!


  • 今夜、君の瞳に映る色とりどりの光を観に行こうと思うんだけど、どうかな?


  • 今夜だけ夜空に咲く、あの花の花言葉は、「恋の終わり」です。でも、もう一つ、「愛の始まり」という意味もあります。


  • 今夜は僕と河川敷で5000発打ち上げよう


  • 再々来週?秋田。


  • 再来週?山形。


  • 最愛の君に最高の花束を用意した。


  • 最果てにいるあなたに花束を贈ります


  • 最後の花火が散ってからも、しばらく僕らは夜空を見ていた。花火は口実で、僕らの目的は共に時を過ごすことだったからだ。喧騒が去って行く中、いまという時が無性に尊く感じられた夜だった。そうだ、今年は花火を見に行こう。二十歳になる娘の前祝いを兼ねて。


  • 最後の花火が打ち上がったら、この想いをキミに伝えよう


  • 最後の花火に、今年もなったなまぁ既出だろうけども


  • 最後の花火に今年もなったな 何年経っても思い出してしまうな ないかな ないよな きっとね いないよな 会ったら言えるかな 瞼閉じて浮かべているよ


  • 最後の花火に今年もなったな。何年経っても思い出してしまうな。


  • 妻の手を引いた。幼女だったらいいのに


  • 砕けても、良い日です。


  • 咲いたね


  • 咲かせて見せようUO桜


  • 咲く音に隠した言葉は「好きだよ。」


  • 桜に花火、紅葉に雪。恋も散ることと定めたり。


  • 雑音で聞き取れなかった言葉を、今年は聞き取れるだろうか。また言ってくれるだろうか。今度は言えるだろうか


  • 三ヶ月ぶりにお花見行こうよ


  • 散っても話に花が咲く


  • 散らかった星屑集めて、空の机に、円をえがこう。


  • 残りを2人でやりたくて、そっと隠した線香花火


  • 仕方ないんです


  • 指先で引いた浴衣の袖は、音と光に気をとられてはぐれたりしないためのお守り(という口実!)


  • 枝豆 焼きもろこし ビール♪ 花火より団子


  • 私と、火遊びしませんか?一夜限りの。


  • 私と花火大会行こう!!


  • 私に浴衣、着させてくれない?


  • 私の胸の高鳴りが花火で消されて伝わりませんように


  • 似合ってる?と伏し目がちに聞く去年の君が愛しかったので。


  • 次の花火が打ち上がったら、ちゃんと思いを伝えよう


  • 次はお前の番だ


  • 自然に好きな女の子の手を握れる


  • 自然に上を向いて生きれる時間


  • 自分だけの秘密基地いまは二人だけの特等席


  • 実は花火なんて見てないんだ。


  • 射手座に導かれて打ち上げ花火マクF的な意味で。打ち上げ花火バックにシェリルがライヴ


  • 尺球を水平に打ち上げたらどうなるか、気になりませんか?


  • 若さと花火のせいにして、君の唇を奪った


  • 手をつないだ。見えなかった。


  • 手をつなぐ君に、心臓の音が聞こえなくて済む


  • 手を繋いで、いつもよりゆっくり歩いた


  • 手を繋いで、下駄をならして、あなたの隣で、空を見上げる。


  • 手を繋いでも誰にもばれない


  • 酒がのめる、のめるぞー♪酒がのめるぞー♪


  • 酒がんまいっ!


  • 酒と花火と西瓜と枝豆


  • 首が痛くなっちゃったねって笑い合いたい夜


  • 周り「がやがや」女「あたしあの青緑の花火が好き」男「そっか”銅”の炎色反応だね」女「」周り「」


  • 終わったあとは、2人だけで些細な花火大会をしようか。


  • 集え、リア充諸君!


  • 十尺玉


  • 熟練の匠たちの妙技が光る!


  • 春に蒔いた恋の種が夏の夜空に咲いた。


  • 春に蒔いた恋の種が夏の夜空に咲いた。


  • 初めての花火大会少年と少女の曲がり角


  • 初めて君と手を繋いだのは夏休み最後の花火大会でした


  • 暑い花火とおなかに響く音 頭上で大きく弾け水面に落ちる様は ざわめきの中、時折息を飲み 拍手と喚声があがる壮大なミュージカルを見ているようだ


  • 女友達と二人、恋バナをしながら見る花火も捨てがたい。


  • 少しでも近づきたいからビルにのぼった。


  • 少女の頃、母が着せてくれる浴衣が楽しみだった。はじめての恋人ができた夏、浴衣は自分で着るものになった。


  • 少年だったあの夏の夜、打ち上げられる一輪の花と共に、君の浴衣姿と汗ばんだ項に恍惚を覚えた。


  • 消えないで、もう少し


  • 消える瞬間にそっと口づけ


  • 焼きそば かき氷 チョコバナナ


  • 焼きついたのは、花火が照らす君の横顔


  • 焼き鳥あります


  • 焼けぼっくいに火をつける


  • 焼けるよな 頬の赤さは 花火のせいか あなたのせいか


  • 照らされた一瞬の横顔があまりにも綺麗で、また来年も見たいと思ったんだ。


  • 照らすのは闇だけじゃない


  • 照れ屋な君が、はにかみながら腕を引っ張る。


  • 上から花火を見下ろして


  • 上を向いて歩こう 笑顔をこれでもかとこぼしながら


  • 上を向こう!


  • 色とりどりに輝く君の横顔と、笑顔が観たくて、自転車を飛ばす夕方。


  • 色とりどりの光に照らされる君にそっと唇を落とした。だってほら、みんな花火に夢中。


  • 心に小さく散る火花は 夜空に堂々と咲く花火に憧れる


  • 心も夜空へ打ち上がる。


  • 心臓で音を感じてみませんか


  • 心臓の音が一番響いた。


  • 心臓の音は、花火がきっとかき消してくれる


  • 心臓の代わりに空が爆発してくれた


  • 新しい浴衣を買いました。夜でもよく見えるように白い浴衣です。


  • 新しい浴衣を買ってしまった!


  • 新しい浴衣買ったの。ってメールきた


  • 真っ黒なキャンパスに描かれた絵を一緒に見に行こうよ。


  • 真っ黒なキャンバスに描かれる完成することのない絵画


  • 真下で見れます


  • 人ごみで裾を持つ手は静かに震えて


  • 人ごみに紛れる。


  • 人の波に飲まれて顔が見えなくなったけれど、繋いだ手のぬくもりだけは確かだった


  • 人は暗くなっても花がみたいのですね。華と一緒に…


  • 人込みの中心で「たまや」と叫ぼう


  • 人混みが嫌いな僕を、君が遠慮がちに見ている。


  • 人混みで水飴を付けられて、さんざんだった去年。あの時はゴメンねと、君が今年は隣で笑う。


  • 人混みは苦手。だけど、君に会いたかった。


  • 人混みを利用させてもらおう、彼女の小さな手を握るために。


  • 人々は260万円を爆発させる美を知った。


  • 水にだって、咲くんだよ。冬にだって、咲くんだよ。


  • 世界で一番、儚くて美しい花


  • 世界で一番平和な火薬の使い方。


  • 世界にひとつしかない、一瞬しか咲かない、花束をあなたに。


  • 世界一平和な爆発を、見上げにいこう。


  • 世知辛いこの世で、今日ばかりは、皆平等に上のほうを見上げられるさ。


  • 星が、主役を譲る夜。


  • 星が、主役を譲る夜。


  • 星が増える日


  • 聖域花火大会


  • 静寂、瞬間、歓声


  • 脆い人間は、あの脆く散りゆく空のはなを、何年見つめるだろう


  • 昔は嫌いだった。君と出会って少し好きになれた。


  • 昔は幼馴染みと、手持ち花火で騒いでた。今は恋人と、手を繋いで騒いでる。


  • 赤い花火になるらしい


  • 赤くなった顔を花火で誤魔化しながら、汗ばんだ手を握り返す。


  • 赤くなる顔も、綺麗な空の花がごまかしてくれる。


  • 赤く染まる。空と、君の頬


  • 赤く染まる頬は花火が隠してくれる


  • 節電


  • 先週?群馬。


  • 掻き消されないようにと君の声が近くなった。


  • 窓から見るより、粋だろ?


  • 多摩川、江戸川、隅田川


  • 打ち上がった花火を見上げる人々に隠れて、僕らはそっと唇を重ねた


  • 打ち上げたいのはこの気持ち。


  • 打ち上げ花火(隠語)


  • 打ち上げ花火のにおい、覚えてますか?


  • 打ち上げ花火の真下にゆくと、花火で散った灰が降る。真夏の夜の見上げた空に白くて儚い灰が舞う。「雪のようだね」と浴衣の君が、囁くように僕に言う。今年の冬も、来年の夏も、また君と雪を見たいと僕は願う。


  • 打ち上げ待ちの静かな中、おにぎりの海苔をバリバリ食べて、ごめんなさいね


  • 帯を結んでいつもの眼鏡を外した


  • 大きな音が鳴るたびに君が手をギュッと握るから、誰にも気付かれないように握り返した


  • 大丈夫、今なら銃声もかき消えるから。


  • 沢山の大輪の華より、僕は永久に君と言う華を見詰めていたいと思った夏の終わり…》


  • 只今、南斗人間砲弾の体験コーナーを設けております。皆様ふるってご参加くださ~い。


  • 脱がせた浴衣は不可逆反応


  • 誰が横綱だ!


  • 誰か行ってくれる人…誰か行ってくれる…人、って一緒に行きたい人は君だけなんだよ…


  • 誰にも言えなかったあの日の思い一つ。花火の中で、おもいきり、叫んでしまえ。


  • 誰もが始めて見るんだな、この一輪のあかり。


  • 誰もが初めて見るんだな…この一輪のあかり。


  • 誰も知らない、私たちだけの線香花火大会。


  • 単なる炎色反応さ。わざわざ遠くに行かなくても、実験室で二人きりの花火大会でもしないか。


  • 単なる金属の炎色反応を僕らは此れ程にも「きれいだ」と感じることが出来る


  • 男は少年に、女は少女に・・・


  • 地に咲く花の命は短く、空に咲く花の命は一瞬。


  • 地元に帰ってきてるかな?


  • 地元の花火大会でいつも君を見つけるから


  • 地上では、話に花が咲く。


  • 地上の僕と、雲の上の君。どちらが良い写真を撮れるか勝負だ。


  • 遅れて聞こえた花火の響きが、胸の鼓動と同調した


  • 通ならお一人様花火


  • 提灯の明かりに照らされた笑顔が、僕の胸を高鳴らせる。


  • 土手に寝転がって見たら、髪の毛も浴方も台無しになるのわかってたのに。


  • 同じものを見ている。首が痛いね、なんていいながら


  • 同じ花は2度咲かない


  • 同じ夜。同じ場所で見上げたい。


  • 同時開催される江戸川区花火大会と市川市民納涼花火大会に実際に参加した人は約150万人だが、全世界で参加したいと強く願ってるけど来られない人がその100倍は居るはず


  • 瞳にきらめく花火をとらえた、胸の奥で響いた。


  • 瞳に映る花火はどんなそれより美しい


  • 瞳に映る小さな花火 そのまま上を見ていてください 僕の視線に気づかないように


  • 瞳の中で花が咲く


  • 道ゆく人と、同じ歓声をあげた。


  • 突然の雨も、君との距離を縮めるイベント。


  • 二次会用にロケット花火とライター買ってこい


  • 二人きりじゃなくてもいっか。君に会えるなら。


  • 二人の世界に浸るカップルもいれば全てを賭けて打ち上げる職人もいます。


  • 賑わう夏の匂いと夜の花


  • 日常の打ち上げに。


  • 日本で、一番大きくて儚くて美しい夏の花


  • 日本の、光の射す方へ!


  • 日本の夏。おっぱいの夏。


  • 日本人の愛した花は、地に咲く花のみで無かった。


  • 年がら年中君に会いたいので、夏には花火を見たいです。


  • 年齢も、住んでいる場所も、考えていることも、何もかも違う大勢の人々が、一斉にある一点を見つめる状況って奇跡だと思う。


  • 濃紺の空に鮮やかな花が咲いて、光に彩られた君は確かに隣りにいるのに、何故こんなに遠い気がするのだろう。


  • 拝啓お空 晴れてください


  • 爆音で聞き逃したフリをして、段々ムキになる隣の貴方に何度も「え?」って聞き返す


  • 爆音で聞こえぬ声を拾うため近付く君にキスをした


  • 爆発!火花ぶっとぶ!


  • 爆発するツレを、何人見送ってきただろう。今度は、俺が爆発する番だ。


  • 爆発するなら見たいだろ。


  • 抜け出そう、行かなきゃ。


  • 半歩前を歩くのは、いつもより綺麗な君への照れ隠し


  • 彼女が出来るかもしれませんよ?


  • 彼女のうなじが妙に色っぽくて、柄にもなくどぎまぎした。


  • 彼女の耳元で囁いた。どこからか「たまやー!」と叫ぶ声がした。


  • 彼女はこの街で一番のガンマンだった。


  • 秘密の隠れ家あるよ


  • 飛んで火に入る夏の人


  • 貧乳は浴衣が似合う。つまりそういうことだ。


  • 父に乗せてもらった肩車。今年は息子を乗せよう。よーく、見えるぞ。


  • 聞き間違いでなければ君は「綺麗だよ、」って言った。聞き間違いでなければ、君は、私は、


  • 聞こえないって知ってて「好き」って言う君はズルイね。


  • 聞こえないフリして、顔を近付けた。


  • 聞こえるか聞こえないかわからないくらいの声で「好き」って言った


  • 平和の鐘は、きっとこんな音がする。


  • 別に花火がメインではない。


  • 捕まれ。人ごみに紛れんなよ。


  • 僕が見たいのは、花火より明るく弾ける君の笑顔。


  • 僕が見ていたのは、君の瞳に映った光だった。


  • 僕の4尺玉も打ち上がった


  • 僕の花火が爆発しそうです!もちろん性t(ry


  • 僕の心が、炎色反応。


  • 僕の知らない君の艶やかな姿


  • 僕の隣で薫る花と、空に咲く花と。


  • 僕はまた一年を生き延びたのだ


  • 僕は行かないから安心して遊んできなよ


  • 本来、浴衣を着るときには下着はつけない


  • 妹様に汚い花火にされよう!


  • 満席のビヤホール。空はまだ空いている。


  • 無敵(直江兼次)の打ち上げ花火やります


  • 無防備な横顔ひとりじめ


  • 名前付け合うの楽しいね


  • 命を掛けて飛び立てば、科学忍法火の鳥だ。


  • 明るかった一瞬で目が合った、赤くなる顔は闇で隠れた


  • 黙って見つめる先が、花火じゃなくて私ならいいのに。


  • 目と耳に残る余韻と高揚感 夏。


  • 夜にあの娘を誘える理由


  • 夜に君を誘い出す口実が出来る。


  • 夜に咲く花を、見に行こう


  • 夜の、ほんの少しの時間しか咲いていない、特別な花


  • 夜の花を見に行こうか、と君は私の手を引いた


  • 夜空と、隣で咲く花を見たくて


  • 夜空とあなたの瞳に3つ、そっくり同じ花火が上がった。


  • 夜空と炎の芸術を君は見たか?


  • 夜空にドレスアップ


  • 夜空には大きな花。右手には林檎飴。左手には貴方の手。


  • 夜空に牡丹、浴衣に朝顔。


  • 夜空に花が咲いた。 君が笑った。 僕も笑った。 世界は君と2人になった。


  • 夜空に咲いたけつめど


  • 夜空に咲いた花は散って、たくさんの恋人たちの実を結ぶ。


  • 夜空に咲いて、散って、また咲いて、終わって欲しくないこの時間


  • 夜空に咲くあの花を近くで見よう。その細く白い腕をしっかりと握って。


  • 夜空に咲く一輪の花。貴女も一緒に咲かせてみませんか?


  • 夜空に咲く炎の花


  • 夜空に咲く花に、憧れを抱いて


  • 夜空に咲く花のように、本音を言える気がするんだ


  • 夜空に咲く花びら 見に行かない?


  • 夜空に咲く数秒の花


  • 夜空に咲く大輪の花の下で、僕だけが君の咲かせた笑顔を見てた。


  • 夜空に色とりどりの花が咲く日。キミの横顔が、世界で一番美しくなる日。


  • 夜空に垂れる糸を手繰り寄せて、君と結ばれたい。


  • 夜空に浮かぶ、一輪の花と笑顔


  • 夜空に舞う、色とりどりの花の元(した)僕等は永久に栂(つが)うと誓った…》


  • 夜空の花の下、あの子と手を繋いでる君を見つけた


  • 夜空を経由するだけで、ぐっと距離が近くなる


  • 夜空を見上げる君の横顔に咲く、大輪の花が見たくて


  • 夜空を見上げる無防備な君の手をひく


  • 夜空を彩る満開の花火を横目に、僕は君を独り占めする。


  • 夜空を焦がす、夏の恋。


  • 夜空を飾り、観客の胸を躍らし、すぐに閉じる儚いその花。しかし長い間、観衆の心で咲き続けるのだ。


  • 夜空見上げるふりして横目で君を見てたLM.Cの「EDO FUNK」って曲の歌詞だけど


  • 夜遊びも、たまにはいい。


  • 友人A「明日彼氏と花火大会行くの///」


  • 友人B「私も私もー!超楽しみー///」


  • 友達と見に行って、恋人と帰った。


  • 友達と行って、尻が痛くなった


  • 友達と行って、恋人と帰った。


  • 友達と行って恋人と帰ってくる


  • 揚花火耳の後ろの影深し


  • 踊る心が浮かれないように、帯でぎゅっと締め付けた。


  • 浴衣、ひとりで着られるように、練習してみました。


  • 浴衣、期待してたけど、


  • 浴衣、新しく買おうかな。


  • 浴衣でドン。


  • 浴衣で着飾った君がいつもより綺麗だから、僕はまた君が見たくて、


  • 浴衣と空の花と、隣の君と


  • 浴衣の下はノーブラ。繰り返す。浴衣の下はノーブラ!


  • 浴衣の君を待っている時間、僕の心臓の音、花火よりも大きかったかも。


  • 浴衣の少女。足元が暗くて良く見えない夜。さあ、札束を燃やして明かりにしよう


  • 浴衣はえろい


  • 浴衣は元々パジャマである。つまりそういうことだ。


  • 浴衣も恋人もいりません。


  • 浴衣よりも、その中身の方が見たいんだけどね


  • 浴衣を着る理由、夜に出かける言い訳


  • 浴衣姿が見たくて、今年も君を誘った


  • 浴衣姿にだけは自信があるの。


  • 浴衣姿になるだけでいつもとは雰囲気が違うね


  • 浴衣姿の君を待ってる。


  • 浴衣姿は、いつもと少し違う。


  • 浴衣姿も似合ってるね


  • 浴衣男子はモテるらしい


  • 浴衣着ちゃってどこ行くの


  • 浴衣着て、ラムネ飲んで、綿あめ食べて、砂浜に行った。


  • 浴衣着てカキ氷持って空を見上げたら、ほら夏の集大成


  • 浴衣美人


  • 浴衣美人に会いに行く


  • 浴衣美人に会いに行こう


  • 来いよベネット。どうした、怖いのか?


  • 来週?新潟


  • 来年の約束ができる日


  • 来年は三人で来ようねと彼が言った。お腹の中で花火がドンとあがる。私はふたりぶん、答えを返す。


  • 来年は手を繋いで行きたい


  • 来年は浴衣で来てみようかな☆


  • 来年もまた、一緒に


  • 来年も一緒に行こうーーあの約束は、まだ有効ですか?


  • 履きなれない下駄。苦しい浴衣。なかなかこっちを見てくれない貴方。


  • 離れるといけないから。離れるといけないから今日は自分から手を繋いでみる。離れるといけないから。


  • 流れ星よりかは人の話を聞いてくれる。


  • 流れ星を拾いに行かないか


  • 隆平がパーンしてくれるかもしれません。


  • 涼しい夕べ、手をつなぐ二人、打ち上がる花火は最高の花束


  • 隣にいてくれるから、見に来て良かった。


  • 隣に一番綺麗な花火が咲いていた


  • 隣に座る君が、輝いていて


  • 隣の瞳に映る花火は数倍綺麗である。


  • 恋が散っても咲いても枯れても一人でもそうじゃなくても世界一いさぎよく散る花を見に行こうみちこさんに触発されたけどわたし多分短文苦手


  • 恋人たちのそばで火薬玉を暴発させよう


  • 恋人と行って、他人と帰った


  • 恋人と行って、友達と帰った。


  • 恋待ちて 呟き待ち合う 空祭り


  • 俯いてないで、たまには空を見上げよう。


  • 儚いから、綺麗。君も、花火も。


  • 儚げでも美しい


  • 綺麗だね。そう呟いた声だけは確かに届いた。一緒に見上げた夏の華。


  • 綺麗だね。決して捕まえることのできない花火は、まるであなたの心のよう。


  • 綺麗だねって君に笑いかけた。花が咲いた。


  • 綺麗な浴衣を着てた君

#花火大会に行きたくなるコピー


関連記事

苫米地英人

苫米地英人の名言集

日本の認知科学者 計算言語学・認知心理学・機能脳科学・ 離散数理科学・分析哲学 東京出身。

記事を読む

30

世界の母に関する名言(英語版)

■ 母は、私が出会った女性の中で最も美しい人だ。今の私があるのは、すべて母のおかげ。私が人生で成

記事を読む

20

母の名言、母に関する名言集 2

抱きしめて欲しかったとき、あなたはいつも両手を広げていた。友人が必要だったとき、あなたの心はいつでも

記事を読む

TONI-SHEI

トニー・シェイの名言集

ザッポスCEO ザッポス創業に投資家として関わり、やがてCEO(最高経営責任者)としてほぼゼロ

記事を読む

ボブ・ディラン

ボブ・ディラン(Bob Dylan)の名言集

ボブ・ディラン(Bob Dylan, 1941年5月24日) アメリカ合衆国 アメリカの歌手・

記事を読む

橋本真由美

橋本真由美の名言

ブックオフコーポレーション取締役会長(CEO)橋本真由美(はしもと まゆみ、旧姓清水、1949年3月

記事を読む

トーマス・エジソン

トーマス・エジソンの名言集

米国の発明家 1847年2月11日生まれ。その生涯においておよそ1300もの発明を行い、数多く

記事を読む

銀と金

銀と金の名言

福本伸行による日本の漫画作品裏社会を生きる男達の、株の仕手戦や政治家との裏取引などの駆け引き、殺人鬼

記事を読む

TBS

サッカー選手にTBSが付けたキャッチコピー

PKストッパー 川島永嗣 GK王国の後継者 林卓人 岩石セーブ 岩丸史也

記事を読む

190659

あいうえお順に並べた人気の 名言集

人気の 名言を「あいうえお順に」並べてみました。あ行愛がもっとも気高くもっとも神聖な行為であるのは、

記事を読む





Message

Barack Obama
オバマ大統領の名言 演説

バラク・オバマとは? アメリカ合衆国の政治家。民主党所属。上院議

hillary-rodham-clinton
ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)の名言と迷言集 まとめ

ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clin

ドナルド・トランプ DonaldTrumpの名言と迷言集 まとめ

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump) ド

%e9%81%93%e5%a0%b4%e5%85%ad%e4%b8%89%e9%83%8e
道場六三郎の名言

料理の鉄人 日本の和食料理人 道場六三郎(みちば ろくさぶろう)

吉田沙保里
霊長類最強 吉田沙保里の名言

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年10月5日)は、日本のレスリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑

ブログパーツアクセスランキング